体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Helsinki Lambda Club、新体制モードが伝わる野外ライヴ映像を公開

エンタメ
Helsinki Lambda Club、新体制モードが伝わる野外ライヴ映像を公開

Helsinki Lambda Club(ヘルシンキラムダクラブ)が「Live, Live, Live」と銘打ち、3回にわたってライヴ映像を公開することがわかった。

バンド初となるレコード(7インチ)とUSBをセットにした全3曲入りの「Time,Time,Time」を、11月3日=レコードの日に合わせてリリースする彼ら。そのリリースを記念して、12月28日(木)には新代田FEVERで、お相手に愛はズボーンを迎え、2マン・フロア・ライヴ〈タイマン、タイマン、タイマン!!〉を開催する。

それに先駆けて公開されたライヴ映像。その内容は9月に開催された〈BAYCAMP2017〉に出演した際の野外ライヴとなっており、たまたま会場に居合わせた加藤マニが撮影を担当。今のHelsinki Lambda Clubの盛り上がりがよくわかる、素敵な映像に仕上がっている。

新旧入り乱れたセットリストで、初見の人もそうでない人も、その熱量にやられたかと思えば、緩急をつけたドライな演奏に釘付けとなった。彼らのこれまでの“Time”と“Live”を感じて、12月28日(木)はぜひ新代田FEVERに足を運んでみてほしい。(雄)

Helsinki Lambda Club “Live,Live,Live 1”

https://youtu.be/wWTYvfz_4aY

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会