ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

GoProに!ワイヤーにぶら下げてダイナミックな映像が撮影できるマウント「Wiral LITE」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
映像クリエイターの間でドローンを利用する人たちが増えてきている中、今後選択肢として新たに加わるであろうアイテムを紹介したい。それが、ワイヤーにぶら下げてダイナミックな映像撮影をすることができるマウント「Wiral LITE」だ。

・ワイヤーを高速で滑り落ちるダイナミックな映像も


Wiral LITEは、ワイヤーをくくりつけて、そこにGoProやカメラをぶら下げることのできるカメラマウントだ。これで何ができるのかというと、ワイヤーを高速で滑らせながらダイナミックな映像を撮影することができるという。

ワイヤーをくくり付ける場所さえあればどこででも利用できるのと、マウント本体がワイヤーを滑るスムーズな動きのおかげで、今までより手軽に迫力ある映像が撮れるはずだ。コントローラーを使って速度が調整できるのも嬉しい。

・1.5kgまでのどんなカメラにも対応

Wiral LITEには通常のカメラマウントが搭載されているので、1.5kgまでの重さであればどんなカメラにも対応している。マウント部分はコンパクトに折りたたむこともできるのと、ワイヤーも専用リールに巻いておけば絡まりも抑えられるので、もち運びにも困らないだろう。

バッテリー駆動時間は2〜4時間で、替えのバッテリーも用意されている。一般的にドローンの場合だと、ドローン飛行の許可されている場所でしか使えないが、このWiral LITEならそんな煩わしさもなくなることだろう。

Wiral LITEはすでにKickstarterにて目標金額を達成しており、今なら1つ199ドル(約2万2360円)で注文できる。2017年11月16日までキャンペーンは実施されているようなので、映像クリエイターの人たちは要チェックだ!

執筆:Doga

Wiral LITE/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。