体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝40周年!「アメリカ横断ウルトラクイズ」へのレクイエム

多くのクイズマニアが、未だ崇め奉る伝説的テレビクイズ番組がある。

 

『史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ)初めて放送されたのが1977(昭和53年)年10月なので、今年で40周年を迎えた。これを知っているあなたはかなりのウルトラマニアだ(笑)。

 

好評につき翌年第2回大会を敢行、そして番組は毎年秋に特番で数週に分けて放送するレギュラーに。いつしか日テレの看板番組、クイズ番組の代名詞になるほど人気は沸騰、1992年(第16回)まで続いた。’98年には、”今世紀最後”と銘打ち一度復活している。

 

終了からこれだけの年月が経過しても、根強いオールドファンはもちろん、リアルタイムで番組を観たことのない若いクイズプレイヤーにもファンがいる。クイズマニア達にとってウルトラクイズ優勝者はレジェンドで、活躍した挑戦者もヒーローとして称えられ、その面々を囲むイベント等は今でも開催されるほどである。

 

バラエティ番組などでクイズコーナーがあれば、BGMや効果音、早押しハット(早押しボタンを押すとパネルが立つ帽子)、◯☓どろんこクイズ、などウルトラクイズ発のアイテムや形式がパロディで使用されるなんてザラ。クイズというジャンルで、これほどテレビ界にも世間にも永く影響を与えているカリスマ的番組は他にないだろう。

 

どんな番組だったのか?

合言葉は「知力・体力・時の運」。挑戦者は、国内第一次予選・東京ドーム(後楽園球場)に全国から自腹で集結し、◯☓クイズに挑んで100名が決まる。成田空港ではジャンケン、グアムでは◯☓どろんこクイズ、砂漠ではバラマキクイズなど、アメリカ各地で、時に奇想天外な形式のクイズに挑みながら決勝地ニューヨークを目指す…というのがオーソドックススタイル。勝てば天国負ければ地獄、出題数1,000問に挑む過酷なクイズの旅だった。毎年夏に放送される「高校生クイズ」の原型である。

 

プレイバックウルトラクイズ

簡単に歴史とこぼれ話を振り返る___

最初は地味だった

 

司会の福留功男アナウンサーが「ニューヨークへ行きたいか-!」と挑戦者を煽るシーンが印象強いが、第1回大会は地味で「みなさんニューヨークへ行きたいですか?」という問いかけみたいな感じだった。

 

後楽園球場に集まった挑戦者は404人、グラウンドで巨人の選手が練習をしている中、内野席に座り○×クイズに挑む。回答は、◯✕のパネルを手に持って掲げるというものだった。(※挑戦者がグラウンドで◯と✕へ分かれて走る形式は2回大会から)

 

記念すべき第1問は

Q「上野動物園のパンダ夫婦の名前は、リンリンとランランである」

(正解「✕」 ランランとカンカン)。

 

ちなみに第2問は

Q「巨人軍長嶋茂雄監督の背番号は、3 である」

(正解「✕」 最初の監督時代は90番)。

 

当時の時事問題。難問は可哀想だから簡単にしたのかもしれないけど、間違えた人はいた。

 

人気者の誕生

第3回大会で優勝した宗田利八郎さんは、当時の人気プロレスラー、アブドラ・ザ・ブッチャーに似ているとして“宗田ブッチャー”という相性で呼ばれ人気者に。人懐っこそうな風貌、クイズの最中に胃が痛くなったり、29才独身をイジられ、また挑戦者の中に年頃の女性もいたりして煽られて話題を呼んだ。

 

宗田さんは福島県で酒屋を営む普通の男性だったが、テレビ放送以来、一気に有名人になってしまった。宗田さんのようにウルトラクイズで顔が知れ渡り、ファンレターが沢山送られるなど人気者になった人は大勢いる。中には某TV局から女子アナウンサーへのオファーが舞い込んだり、ドラマに出演してほしいと役者の話が来たり、なんて人もいたそうだ。

 

7回目で1万人突破!

昭和40年男 2016-07-11 発売号
Fujisan.co.jpより

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。