ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。

あれから1年と約半年。

熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュースが届いた。きっと前向きになれるこの話を、すこしでも多くの人、とくに、地震の経験を共有した被災地のみなさんに届けたい。

「青」が地震の象徴に。

悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

この写真は、震源地の益城町にある私の祖父母の家。ご近所さんもほとんどこんな状態だった。見渡す限りの倒壊家屋、そしてその上には必ずブルーシート。

 「熊本はどこに行ってもブルーシートだらけ」。まさにそんな感じだった。

「ブルーシート」を
「ブルーシード(復興のたね)」に。

「震災で使用されたブルーシートを悲しい思い出に終わらせたくない」という想いから誕生したバッグがある。 悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

このバッグ、被災地で実際に使用されたブルーシートでできている。日々のくらしを守ってくれた使用済みのブルーシートを回収し、洗浄、加工をへてつくられる。

「被災地のブルーシートを見た時に『このブルーシートもいつかバッグになるのかも』と思えるかもしれない。そうしたら、悲しみの景色を、少しだけ明るいものに変えられるかもしれないと考えました」

悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

被災地のブルーシートはすべて「復興の種」。そんな想いを込めて、「ブルーシード(青い種=復興の種)バッグ」と名付けられた。

「メイドイン九州」への
こだわり。

バッグを手がけるのは、クリエイティブの力で復興支援を行う「BRIDGE KUMAMOTO」というプロジェクト。生産管理は熊本の「sitateru®︎」が担い、縫製は大分の「竹田被服」が担う。「熊本県への寄付」以外の部分でも、売上のほとんどが大分・熊本に落ちる仕組みづくりを徹底している。

そして、忘れてはならないのが、バッグの真ん中にあるロゴ。地震で崩落した「阿蘇大橋」 をイメージして“支援の架け橋”となっている。並々ならぬ想いが垣間みえる。

 

想いは人の心を動かす。

悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

そしてこのたび、「ブルーシードバッグ」が「2017年度 グッドデザイン賞」を受賞した。しかも「グッドデザイン・ベスト100」にも選定!

バッグそのものはもちろんだが、「悲しいブルーシートのイメージを転換することで被災地に希望をもたらし、地域外と繋ぎ、支援にしていく」という取り組み全体が、審査委員会により特に高い評価を得たそうだ。

デザイナーの佐藤かつあきさんは受賞にあたり、以下のようにコメントしている。

「今回の受賞が、被災地でいまだ大変なご苦労を強いられている人たちの励みに、少しでもなれればと思います。 また、被災地のために尽力してくれる仲間と受賞できたことを、本当に嬉しく光栄に思います」

 

本当に受賞おめでとうございます!

そして、一熊本出身者として、ありがとうございます。Licensed material used with permission by BLUE SEED BAG

関連記事リンク(外部サイト)

【熊本地震】GoogleやFacebookの安否確認機能のほか、無料Wi-Fiスポットや災害支援金を募るプロジェクトなど
震災から1年。熊本を「食べて」応援してみませんか?
7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。