体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中島みゆき、アルバム『相聞』の全曲トレーラーを公開&「慕情」が有線リクエストランキング1位を獲得

エンタメ

連日高視聴率をマークしたドラマ『やすらぎの郷』の主題歌となった、中島みゆきのシングル曲「慕情」が有線J-POPリクエストランキング1位を獲得した。(10月18日集計分、10月6日~12日株式会社USEN調べ)有線J-POPリクエストランキング1位を獲得したのは、NHK総合テレビ番組「プロジェクトX 挑戦者たち」主題歌の「地上の星」で2003年1月に4週連続で獲得して以来14年ぶりとのこと。それ以前では、1981年11月に4週連続で「悪女」、1992年9月にミリオンヒットとなった楽曲「浅い眠り」で獲得しており、今作で4度目となった。2017年5月に2017年JASRAC賞金賞を受賞した名曲「糸」、2014年のNHK連続テレビ小説『マッサン』の主題歌で、NHK紅白歌合戦歌唱曲「麦の唄」などの大ヒット曲でさえ獲得できなかった快挙。今回のリクエストランキング1位の背景には、シルバー層を虜にした倉本聰ドラマ『やすらぎの郷』の存在が大きく、60歳以上のシニアに愛された同ドラマの終了後からリクエストが徐々に増えはじめ、ここに来て一気に1位を獲得したという。「慕情」ではシニア層を捉えて離さない人生の機微と、一喜一憂し続ける人間の愚かさ、限りない慕情が愛おしく包むように力強く歌われている。シルバー層の「慕情」を聴きたい気持ちは有線リクエストだけでなく、シングルCDを求めて住宅街に隣接するレコード店へ訪れることにもつながっているようで、街中店舗での売れ行きが「麦の唄」と比べて3倍近くになっている。
中島みゆき (okmusic UP's)

そして「慕情」が収録される11月22日発売の中島みゆき通算42枚目のフル・オリジナル・アルバム『相聞』の全曲トレーラーが公開! タイトルの“相聞”は万葉集の3大構成の1つ“相聞歌”に由来していて、いわゆる恋歌であり、中島みゆき曰く“おおらかで 力強く そしてプリミティヴな愛の歌集”となっている。今回公開された全曲トレーラーでは、アルバムの代表曲となる「慕情」、「人生の素人(しろうと)」をはじめ平原綾香に提供した「アリア-Air-」のセルフカバー曲と曲調も様々でリスナーの心を揺さぶる愛に満ちた言葉で歌われている。1曲毎の試聴は短めだが、各楽曲に合わせて中島みゆきの真骨頂である歌詞が表記されるので、その言葉の中に重厚な今作の一端を味わえるのも嬉しい。アルバム発売後には年を越して行われる全18公演に及ぶツアー『中島みゆき「夜会工場」VOL.2』の開催も決定しており、秋からの活動にも注目だ。

また、『相聞』と同時発売となる中島みゆきの音楽プロデューサー・瀬尾一三の作品集『時代を創った名曲たち~瀬尾一三作品集 SUPER digest~』の特設ページも公開されているので、こちらもチェックしてほしい。この作品集には名曲「糸」、大ヒット曲「空と君のあいだに」が収録されている。

さらに、現在Twitterでは『慕情川柳 キャンペーン』が開催されており、応募総数は五百句を超え好評とのこと。同キャンペーンは“中島みゆきの「慕情」を聴いたあなただからこそ書ける心の唄を川柳で募集”というもので、長年連れ添った相手に伝えたい感謝の気持ちや、普段は照れくさくて言えそうにない気持ちなどを詠った川柳の投稿を呼びかける内容となっている。応募はヤマハミュージックコミュニケーションズ公式アカウントをフォローの上、ハッシュタグ「#慕情で川柳」をつけてツイートすることで可能となっており、最優秀賞1名、優秀賞1名、佳作3名に豪華賞品が用意されているとのこと。応募締め切りは10月31日までと、残すところあと2週間となっているのでぜひ投稿してみてはいかがだろうか。
■『時代を創った名曲たち~瀬尾一三作品集 SUPER digest~』特設ページ

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会