ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

スクリーンの迫力を自宅で!ポータブルシネマ「MovieMask」はVRの4倍の解像度

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマホやタブレットの普及によって、いつでもどこでも好きな動画を楽しめるようになった昨今。ユーザーが次に望むのは、鮮明な映像。迫力の画面をリーズナブルに満喫したいと願うのは、当然のことだろう。

Indiegogoに登場したのは、「MovieMask」というポータブルシネマ専用カメラ。スマートフォンをセットするだけで、映画館並みの映像を映し出すお手軽デバイスだ。

・2D映像の可能性を余すことなく引き出すデバイス

ノルウェーで開発された本品。昨年、前身プロダクトを発売したところ、3000台以上の出荷される大ヒット商品となった。今回のバージョンでは、VRの4倍という前作をさらに上回る解像度を実現し、2D映像の可能性を見せつけている。

通常、スマートフォンで2D映像を見る場合、画面のアスペクト比を維持するために、解像度を下げなければならず、画面を縮小する必要があった。しかし、「MovieMask」なら、フル画面のまま、高い解像度を保つことができる。

・多彩なコンテンツに対応

使い方は簡単。好きなコンテンツを選んで、ふたの上にスマートフォンをセットするだけ。選択肢も幅広い。Netflixをはじめ、HBO、Hulu。Google Play、Apple Storeで利用できるすべてのアプリに対応している。

Indiegogoでの評判は上々。目標額の9倍を達成し、サポーターを増やし続けている。早期割引価格は、スタンダード版の「MovieMask GO」が、39ドル(約4400円)、プレミアム版が89ドル(約9900円)から。オーダーは、11月5日まで受け付けている。

MovieMask/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。