体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【感激の味・やみつき】チキンティッカマサラのつくりかた【東京カリ~番長】

f:id:Meshi2_IB:20170924132941j:plain

でらいつカレーvol.12 「チキンティッカマサラ」のつくりかた

「チキンティッカマサラ」

ご存じですか?

「なにそれ?」という方に、簡単にご説明いたしますと、

チキンティッカ」が入った「マサラ」のことです!(まんまかよ!)

「チキンティッカ」というのは、鶏肉をヨーグルトとスパイス等でマリネして、串に刺してタンドールで焼いたものでして、まぁ「タンドーリチキン」の一種なのですが、「タンドーリチキン」というと骨付き肉を指すことが多く、「チキンティッカ」は、骨なしでかつ食べやすい大きさにカットされたものを指すことが多いようです。

あ、あと、鶏ムネ肉を使うことが多いですね、「チキンティッカ」は。

「マサラ」ってのは…… ま、カレーのことですよ(アバウトだな~)。

パウダースパイスを数種類ミックスしたものに「ガラムマサラ」ってのがありますが、ここで言う「マサラ」は、「スパイス数種を使って作った料理」だと思ってもらえれば、それでOKです(ざっくりだな~)。

f:id:Meshi2_IB:20170924132947j:plain

ところで、

以前、「でらいつカレー」の中で、バターチキンカレーを紹介しましたが、これ、見た目はほとんど一緒ですよね。

www.hotpepper.jp

10メートル先にいるAKB48とHKT48くらい、見分けがつきません。

見た目だけじゃなく、実は、味も、系統としては“ほぼ一緒”です。

バターとトマト、そしてカスリメティ。

この「神3(かみスリー)」が一緒ですから。

ちなみに、この「チキンティッカマサラ」、イギリスでは “国民食” 的なポジションにいるって、ご存じでした?

ここでは詳しく書きませんが、元東京カリ~番長、現カレースターの水野仁輔氏とピーター・バラカン氏のトークイベント(@ほぼ日)でも、そのことにちょっと触れてました。

水野仁輔著『幻の黒船カレーを追え』(小学館)。

この本にも「チキンティッカマサラ(カレー)」に関することが書かれています。

そんなこんなの「チキンティッカマサラ」。

ちょっと手間はかかりますが、覚えてしまえば比較的失敗しにくく、おいしく作れるカレーです。

それに何と言っても、「モテるカレー」です!

これを作ってチヤホヤされている人を何人見てきたことか!

みなさんもモテたいですよね? じゃー、行きますよ!

でらいつカレー流「チキンティッカマサラ」

はじまりはじまり~。

それでは実際に作ってみましょう!

f:id:Meshi2_IB:20170924132959j:plain

先ずは今回使う食材の紹介から。

材料 (2人分)

鶏モモ肉:250g程度
パプリカ:1/2個
玉ねぎ:小1個 トマトピューレ:200ml
カシューナッツ:30g にんにく:2片
しょうが:1/2片
青唐辛子:1本 生クリーム:100ml
塩:小さじ1
砂糖:小さじ2 プレーンヨーグルト:大さじ2
レモン果汁:小さじ1
ケチャップ:小さじ1 クミンパウダー:小さじ1/2
パプリカパウダー:小さじ1/2 ターメリック:小さじ1/4
ホワイトペッパー:小さじ1/4
ガラムマサラ:小さじ1/4 カレーパウダー:大さじ1
バター:30g

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。