ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

パブロ・ピカソが路上の猫にもらったもの

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パブロ・ピカソが路上の猫にもらったもの
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAPPORO AINO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」。このコーナーでは様々な愛のストーリーと音楽をお届けしていますが、10月18日(水)のオンエアは、パブロ・ピカソと猫のお話。

青の時代のピカソを映した、1枚の写真があります。ソファに座った若々しいピカソは1匹のシャム猫を抱いています。猫の名前はミヌー。「路上をうろついていた猫と友達になった」とピカソは語ったそうです。

画家や彫刻家にとって、身近なものをモチーフにする、モデルにするのは自然なこと。生涯で2度結婚し、他にも多くの女性と恋愛関係をもったピカソは、自分が出会った幾人もの女性たちを絵に描いています。そして彼は、何匹もの猫たちも絵に描きました。描き方やスタイルは変わっても、そこに描かれているのは人と猫の優しい関係でした。

ところが、1935年から45年には、描かれる猫たちの姿は一変します。たとえば1939年の「鳥を食べる猫」。デフォルメされ、怪物のような猫が鳥をとらえ、荒々しく噛みついています。ドイツ軍による占領がフランスにも及んでいた戦争の時代に、ピカソは愛する猫をモチーフに、世界の闇を表現したのです。

ピカソと猫についての逸話もたくさん残っています。たとえばピカソはこんなことを言っています。「ミヌーは僕が世話をしたお礼にソーセージをもってきてくれた」と。

ある日、ピカソのアパートメントに、路上で仲良くなったミヌーが、どこからかソーセージをくわえて戻ってきたのだとか…。

次回19日(木)のこのコーナーには、福耳のみなさんが登場! 愛をテーマにここだけトークをお届けしますので、お聴き逃しなく♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。