ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

1分で完了!?ナウいデプロイツール「now」でNode.jsアプリケーションを爆速デプロイ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回紹介するもの

こんにちは、dotstudioのちゃんとくです。

連載第1回はAzure、第2回はBluemixと、比較的知名度の高いサービスを紹介しました。第3回の今回は、コマンドラインから3文字でデプロイできる新感覚のサービス、「now」を紹介したいと思います。

Node.jsで簡単なWebアプリケーションを作り、デプロイまでやってみます。

nowとは

nowはNode.jsまたはDockerで動作するWebアプリケーションをホスティングできるサービスです。デプロイツールのインストールはnpm、認証はメールのみ(パスワード不要)、設定はpackage.jsonのみでデプロイができます。

ユーザ登録やアプリケーション作成など、手順がとにかく簡略化されているのが特徴です。

Webページの作成

今回はNode.jsで適当なWebページを用意してみます。デプロイしたいページやアプリケーションが既にある場合は、package.jsonの設定から進めてください。

適当な名前のプロジェクトディレクトリを作成し、その下でnpm initコマンドを使ってpackage.jsonを生成しましょう。

$ mkdir now-test; cd now-test
$ npm init -y

実行ファイルを作成します。

$ touch server.js

server.jsは、以下のように編集します。アクセスがあったら文字列を返すだけの簡単な実装です。

‘use strict’;

const http = require(‘http’);
const PORT = 8000;

http.createServer((req, res) => {
res.writeHead(200, {‘Content-Type’: ‘text/plain;charset=utf-8’});
res.end(‘Hello, now!’);
}).listen(PORT);

console.log(`Server running at ${PORT}`);

一旦ローカルで実行して確認してみます。

$ node server.js

特に問題なく表示できたでしょうか?続いてデプロイ用に設定を追加していきます。

package.jsonの設定

package.jsonには、起動スクリプトの記述が必要です。scriptsのstartに起動時に記述しましょう。ファイル名はご自身のものに合わせてください。

“scripts”: {
“start”: “node server.js”
}

nameに記述してある名前が、アプリケーション名としてデプロイ後のURLに反映されます。必要に応じて変更しておきましょう。

“name”: “”,

Node.jsのバージョンを指定したい場合はenginesに記述します。

“engines”: {
“node”: “4.x.x”
}

デフォルトでは最新バージョンが動くようです。公式ページの「Which Version of Node.js Do You Run?」を確認してみてください。

nowでデプロイ

package.jsonを整えたら、いよいよデプロイしてみます。npmでnowをインストールし、実行しましょう。

$ npm i -g now
$ now

コマンドラインでメールアドレスを求められるので入力します。認証メールのリンクを踏むと、待機していたデプロイが進行します。

デプロイ中に表示されるURLをコピーしておきましょう。

デプロイ完了後に確認してみます。

nowのインストールからデプロイまで1分ほどで完了できました!

URLを固定する

nowの仕様では、デプロイ後のURLはhttps://-.now.shという形で毎回一意のものが発行されます。

デプロイのたびに変更されると困る、という場合は、aliasを貼って対応できます。

now.jsonというファイルを作成し下記のように記述しましょう。

now.json
{
“alias”: “”
}

デプロイ時はnow aliasと実行するだけで設定完了です。

自身で取得したドメインを利用したい場合には、now alias .now.sh でエイリアスを貼ることができます。こちらもかなり簡単ですね!

アプリケーションの確認と消去

無料プランの場合は月に20個までデプロイできます。デプロイしたものを消去したい場合は、まずnow lsで状態を確認しましょう。

now rm コマンドで消去します。公式サイトにはアプリケーションのIDとありますが、URLでも消去できるようです。

Webでログイン

Webページ上でログインして使用状況を確認することもできます。公式サイト右上のLOGINボタンをクリックし、デプロイと同様メールで認証しましょう。

ログインすると利用状況とログが確認できます。

シンプルで最高ですね。

まとめ

今回はnowの機能とデプロイ方法を中心に紹介してみました。多くのホスティングサービスが登場していますが、手軽さで言うと一二を争うと思います。

デモやチュートリアル、プロトタイピングの際などにオススメです。爆速デプロイをぜひ試してみてください。

引き続き、様々な形態に適した便利なクラウドサービスを紹介していきたいと思います。

それでは!

●著者プロフィール

dotstudio ちゃんとく
大学までは文系で法学を学んでいたが「モノを作れる人」に憧れて知識ゼロからエンジニアに転身。本業ではPHPでWebサーバサイド開発を担う傍ら、テクニカルライターとしてdotstudioに参加している。Node.jsユーザグループ内の女性コミュニティ「Node Girls」を主催。趣味の電子工作では日本最大のIoTコミュニティ「IoTLT」で体当たり電子工作を発表中。
Twitter: @tokutoku393 / dotstudio, inc.

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。