体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネット系女子!】ギャル? エンジニア? 謎の電子工作ギャルユニット・ギャル電さん

いまどきのネットを騒がせている女性たちを紹介する「ネット系女子!」。17回目は、電子工作ギャルユニット・ギャル電さん。

「ギャルも電子工作をする時代!」をスローガンに掲げ、昨年9月に活動を開始。ギャルやパリピ(クラブや派手なイベントを楽しむ人たち)に向けた奇抜な作品と、派手なファッションがネットで話題を呼び、結成半年にしてナイキのCMへ出演したり、三越伊勢丹をはじめ有名企業から作品制作を受けるなど、活躍の幅を広げています。

とはいえ、ギャルが電子工作っていまいちピンと来ませんよね。実際に見せてもらいましょう!

ギャルによる、ギャルのためのテクノロジー

――ギャル電さんってどういったユニットなんですか?

k「”ギャルによる、ギャルのためのテクノロジー“を提案するため、日々電子工作をしているユニットです!」


大学生のまおさん(左)と元ポールダンサーのアニポールきょうこさん(右)

――具体的にはどんな電子工作を?

k「たとえば、この「デコトラキャップ」。ミラーシールや偏光フィルム、プラモデル等のパーツをキャップに取りつけて、トラックをデコるための電飾をつけてます。」

m「イヤリングもめっちゃ光りますよ。これ被ってクラブ行くと超目立てるんです!


デコトラキャップ

――そのぬいぐるみは?

m「これは、「会いたくて震えちゃうデバイス」です。」

k「彼氏に会いたいけど会えないときってあるじゃないですか。とはいえ、ライン送りすぎるのもウザい。そこで、これを彼氏に渡しておいて、会いたいときにウェブブラウザ上から指示を飛ばすんです。そうすると、ぬいぐるみの胸にあるLEDが光りつつ、内蔵した振動モーターが震えて、彼氏に会いたい思いを伝えられるんです。」

m「振動には「会いたい」、「すごく会いたい」、「会いたくて死ぬ」の3種類があります。」


会いたくて震えちゃうデバイス。プログラミングやパーツによっては、彼氏の位置情報を探る機能もつけられるそう

k「ほかにも、こんなのもありますよ。」

――カラーコーンが光ってる!

k「「ギャル門松」です!」

m「最近、キャンペーン用のWebサイトの企画で花器を作って生け花の作家さんとコラボするという依頼を頂いて。依頼がちょうどお正月の時期だったから、門松を作ろうと思ったんです。で、私たちらしい花器ってなんだろうって考えたときに、「カラーコーンじゃね?」ってなって。私たちふたりともストリートカルチャーが好きなので、「ストリートと言ったら、カラーコーンでしょ!」ってことで。 」

k「調べたら、門松って神様が降りてくる依代(よりしろ)の役割があるらしくて。「私たちはギャルだから、パリピの神を呼ぼう」ってことで、電飾で派手に飾りました(笑)。」


ギャル門松。「カラーコーンを光らせると、めっちゃめでたいし楽しいですよ」

「光るとパリピにモテるんです」

――なぜこういったギラギラした工作を始めたんですか?

k「光るものを身につけて、とにかく目立つためです。」

m「あと、モテるため(笑)。」

k「そう(笑)。光ると、パリピにめちゃくちゃモテるんですよ。」

m「去年のハロウィンに、デコトラキャップを被って「ギャル電」って背中に書いて電飾をつけた特効服を着て渋谷を練り歩いたら、めっちゃ声かけられて。「ギャル電イケてるよ! 俺たちも頑張るから頑張りなよ!」とか、超テキトーなんですけど、超応援してくれました。」


「ノリで六本木にも行ったんですけど、ぜんぜんモテなかった。やっぱりホームは渋谷です」と語るまおさん。実は某国立大学でエンジニアを目指して勉強中

――若者がバンドを組む理由みたいですね。

k「「バンドやってモテたい」と同じ衝動です。でも、もうバンドは古い。これからは、電子工作でモテる時代です。」

――モテるために電子工作を始める人って、結構いるんですか?

m「いないんじゃないですか?(笑) 日本で電子工作やプログラミングしてる人って、真面目な人が多いです。」

k「でも海外には、クラブに通ういわゆるチャラい人たちが、かっこいいからっていう理由で電子工作を始めたりするケースもあるんですよ。日本でも、ギャルやパリピみたいな人たちが電子工作に興味を持ってもいいと思うんですよね。」

――ギャルと電子工作ってなかなかイメージが結びつかないですけどね(笑)。

k「ギャルもパリピも、光る物が好きじゃないですか。ヤンキーだって電飾でギラギラの単車やトラックが好きだし。だから、そういった界隈の人たちにとって電子工作って、実はすごく親しみやすい存在だと思うんです。」

m「ギャルたちがバリバリ電子工作できるようになって生み出したテクノロジーって、超面白そうじゃないですか?(笑)。」

k「だからギャルは電子工作するべき!」

ギャルはアップデートされていくもの

――昔から電子工作が好きだったんですか?

k「電子工作ではないですが、小さい頃からもの作りは好きで、大人になっても色々作っていました。以前やっていたポールダンスの衣装を手作りしたり・・・・・・。その結果、だいぶ工作の技術が上達したので、「よし、次は電子工作だ」と独学ではじめました。個人でロボットも作ってますよ。めっちゃヘボいロボ。」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。