ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

豊かさ=幸せじゃない。20歳の私に猛烈なカルチャーショックを与えてくれたセブ島のリアル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
豊かさ=幸せじゃない。20歳の私に猛烈なカルチャーショックを与えてくれたセブ島のリアル

皆さんはセブ島と聞くとどのようなイメージを持たれますか。

きっと”格安留学”や”リゾート地”といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

この記事では、当時20歳だった私がフィリピンのセブ島を訪れ、貧困層の生活水準を目の当たりにし、人生観が180度変わった出来事についてお伝えしたいと思います。

 

医療ボランティアで見た貧困層のリアル

Photo by satoka

現地で就業していた時に、持病のある子供達に無償で医療を提供するボランティアに参加する機会がありました。

ボランティアに参加するまでは、日本とは文化の異なるセブ島での生活を只々楽しんでいて、道ですれ違う物乞いの子供たちを恐いと思っていた私。しかし、ボランティアに参加したことで20年間生きた中で一番猛烈なカルチャーショックを受けると同時に、今まで何も知らなかった自分を恥じるという経験をしました。

 

例え持病があっても通院できない貧困層の子供達

photo by satoka

まず最初に驚いたのは、医療行為を受けるために集まってきた人の数です。

屋外の運動場の様な所に溢れんばかりの人が集まっていました。

その時、今までセブ島生活の楽しい側面ばかりに気を取られ、現実にある問題には目を向けられていなかったのだな、とハッとしました。

 

自分より弱い立場の人に思いやりの気持ちをもつ現地の子供たち

photo by satoka

セブ市内の病院や他国から集まった医療従事者達が、現地の子供達を順に診察していくのですが、ここでも驚いた事があります。

自分自身も何らかの持病があるにも関わらず、自分よりも小さい子供たちに診察の順番を変わっていたのです。

そして何よりも驚いたのは、ボランティアに参加しているスタッフが子供達から元気を分けてもらえるような、屈託のない笑顔と元気です。

子供たちの輝く太陽のような笑顔の裏にあるにフィリピンに根付く、根深い貧困問題を考えさせられました。

関連記事リンク(外部サイト)

日本では絶対に学べない経験を、インドのマザーハウスでボランティアを勧める5つの理由
これからも美しい光景を見たいから。ウユニ塩湖の汚染問題に取り組む一人の日本人とは
自分の未熟さに後悔する前に!世界共通の国際手話でコミュニケーションの幅を広げよう
幸せってこーゆーコト!?カンボジアの小学校で運動会してきた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。