ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

意外と知られていない目の紫外線対策。夏のダメージには秋のアフターケアが大切!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
意外と知られていない目の紫外線対策。夏のダメージには秋のアフターケアが大切!!

夏場の紫外線ダメージ。ダメージが蓄積されているのは肌だけではなく……

夏場の紫外線ダメージ。ダメージが蓄積されているのは肌だけではなく……

海水浴やBBQ、山登り、長時間のドライブなど長い時間紫外線を浴びる事が多かった夏のシーズン。季節は秋へと変わっていっても肌の状態はまだ良いとは言えません。あなたの肌が夏のダメージを引きずっている可能性があります。

しかしそれは、肌だけでなく目も同じです。
顔や腕など体への日焼け対策を万全に行う方は多いのですが、「目」の日焼け対策や紫外線対策ができていない方が多いように感じます。

人によって症状も違いますが、充血したり、痛みがあったり、かゆみがでたり……紫外線を多く浴びた目も悲鳴を上げています。

紫外線対策は、ただ肌だけを気遣っているだけじゃダメなのです。

意外と盲点な「目」の日焼け・紫外線対策やケア方法についてご紹介!

意外と盲点な「目」の日焼け・紫外線対策やケア方法についてご紹介!

紫外線は一年中注意が必要です。

太陽の光とともに紫外線量が多くなると、角膜や白目を覆う結膜などにダメージを与えてしまい、目の充血や痛みを引き起こす原因になります。
これは、紫外線による影響で目に炎症が起きている状況。肌の日焼けと同じような現象が起きてしまっているのです。

紫外線によって徐々にダメージが蓄積されていくと、やがて眼病を招いたり、目の老化を促進させたりすることもあります。紫外線によって引き起こされる眼病は、主に急性の紫外線角膜炎、慢性の翼状片、白内障などが知られています。

天気に関わらず紫外線は常に降り注いでいるので、365日1年中毎日何らかの紫外線ケアを習慣化することが大切のようです。

目における紫外線対策のひとつとしてはサングラスの使用が有効的です。紫外線透過率が低いもの、紫外線カット率が高いサングラスを使用しましょう。他にも日傘や帽子、紫外線対策用のコンタクトレンズを使っても良いと思います。

アフターケアには、UV対策向けの目薬がオススメ!

アフターケアには、UV対策向けの目薬がオススメ!

目薬の使用によっても紫外線対策をすることができます。

私が愛用しているUV対策目薬は、UVカット効果があるものではなく、主に紫外線を浴びてしまった目の炎症を抑える成分や、炎症によって起きる充血を鎮める成分が入っている紫外線対策目薬です。

その他にも、ビタミン類が配合されており、目の新陳代謝を高めてくれるよう。おもに紫外線対策のアフターケアといった感じになるでしょうか。

サングラスはきちんと紫外線対策のされたものを選び、帽子や傘も忘れずに!
紫外線を浴びてしまったら目薬でのケアで万全です!!

美容コンサルタント/吉田郁子

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。