体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

受験生は読まなきゃ損!? スタディサプリ 一流講師の関先生が教える『受験生が秋にやるべきこと』

センター試験まで残り100日を切り、本番まであと3カ月弱という受験の秋。

 

夏の40日間、有意義に使えた人もそうでなかった人も、残り日数を聞けば多かれ少なかれ焦りを感じているはず。

 

気を引き締めるための多少の焦りや緊張感は必要だけれど、過度に焦って時間を無駄にしてしまっては元も子もありません。

 

そんな失敗を避けられるよう、秋からの勉強をどのように進めていくべきか、スタディサプリ一流講師である関先生に聞いてみました。

 

この秋やるべき勉強法をチェックして有意義な受験の秋にしていこう!

  要するに

「今」必要なことを見極め、優先順位をつけよう!

過去問演習は10月20日から!まずは必要なインプットを完了させる!

本番を想定した過去問演習で勉強の精度と価値を高めよう!

 

明確な優先順位づけと反復学習で確実に身につけよう!

ーーQ.夏休みの勉強法と秋(特に10月以降)の勉強法、どのような違いがありますか?

 

2つあります。

 

1つは優先順位を明確にすること。

 

秋の時期は本当にブレやすい。

 

理由はさまざまですが、模試の結果、親からのアドバイス、学校の先生との面談、受験までの時間への焦り、推薦で決まっていく同級生たち…不安や焦りを感じて、あれも勉強しなきゃ、これも勉強しなきゃと思ってしまう。

 

夏ならそれでもいい。

 

でも秋に何でもかんでも手を出していたら時間が足りない。

 

志望校に受かるためにその勉強が「今」必要かどうか。

 

例えば英語でいうと文法が終わってないからと文法ばかりやっていてはダメ。この時期なら読解にとりかからないと。

 

時間を無駄に使わないよう、夏よりも意識をして優先順位を明確につけるべき。

 

もう1つは勉強をした内容はその場で反復して習得してしまうこと。

 

まとめノートを作るとか、苦手分野を集めたノートを作るとか、そんなことをする時間があったら、その場でもう1回解き直して「今」覚える。

 

今日できなかった問題に、次に出会うのは本番かもしれない。

 

そのくらいの緊張感を持ってその場で覚えきることを意識しよう。

 

受験生は読まなきゃ損!? スタディサプリ 一流講師の関先生が教える『受験生が秋にやるべきこと』

 

10月20日までは入試範囲の学習完了にコミットせよ!

ーーQ.過去問に取り組むのはいつからがよいでしょうか?

 

10月20日からですね。

 

毎年この日だと遅いんじゃないかと反論が出るんですが、 裏を返すと10月19日までに単語・文法・読解の入試範囲を一通り終わらせろという意味だから結構難易度は高いと思いますよ。

 

例えば英語なら、第一志望の過去問の英文がゆっくりなら読める。

 

試験時間内では読めなくても時間をかければ読める。

 

そのくらいにはなっていないと。

 

そのためには最低限文法は終わらせて、読解の基礎は理解しておかないといけないよね。

 

だから19日までの時間は、まずは入試範囲を一通り終わらせることに集中するべき。

 

そうはいっても周りが過去問をやり始めていて不安だとか、1度はやっておきたいと思う人がいるのは理解できる。

 

もしそうならやってもいい、ただし予定している勉強時間以外の時間でやること。

 

休憩時間や睡眠時間を調整してやる。今すべき勉強の時間を削るのはダメ。

 

10月20日からは赤本や過去問を中心とした勉強に切り替える。

 

ここまで勉強してきたといっても最初は解けないだろうし、滅入ることもあるかもしれない。

 

その時は文法や長文の問題集をやってもいい。

 

ただし、あくまで勉強の中心は過去問に置くこと。

 

受験生は読まなきゃ損!? スタディサプリ 一流講師の関先生が教える『受験生が秋にやるべきこと』

 

真剣勝負! 本番を想定した練習と丁寧な復習で勉強の価値を最大化せよ!

ーーQ.過去問演習に取り組む際、1回の演習をより有効に活用するための勉強方法はありますか?

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。