ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

もう食べた?噂の超お値打ちのプレミアム餃子「名物北新地餃子」を食べてきた【大阪】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:mesitsu_lc:20170829230749j:plain

関西一の歓楽街、北新地で味わうプレミアム餃子

最近、餃子が人気ですね。豚肉やキャベツなどの具材を、皮で包んで焼いたりゆでたりしたシンプルな料理なのに、材料や味付けの違いで個性が出るのが面白いところです。

こんにちは、メシ通レポーターの西尾明彦です。

今回は、数ある餃子の中でも、こだわりの食材を使ったプレミアム餃子をご紹介します。

f:id:mesitsu_lc:20170829230839j:plain

今回の舞台は、関西一の歓楽街、北新地です。

f:id:mesitsu_lc:20170829230843j:plain

場所は北新地のメインストリート、新地本通りにある森ビルです。入り口には看板はありませんね……。

f:id:mesitsu_lc:20170829230836j:plain

ビルの反対側、永楽通り側の入口です。こちらにも看板はありませんが、1階の通りを進むと……

f:id:mesitsu_lc:20170829230649j:plain

ありました。こちらが入口です。この日はたまたま土曜日で、まわりのお店はお休みのところが多かったのですが、こちらは土曜日も営業しています。

f:id:mesitsu_lc:20170829230726j:plain

店内はL字型カウンターに、8席。以前はフランス料理店だったというこじんまりしながらも、小じゃれた雰囲気です。

f:id:mesitsu_lc:20170829230716j:plain

こちらがメニューです。餃子専門店だけに、料理は潔く6種類のみ。

ニンニクなしも可能なので、仕事柄ニンニクNGって方でも大丈夫です。お持ち帰りができるようなので、手土産にも良さそうですね。

f:id:mesitsu_lc:20170829230736j:plain

餃子が焼ける前に、まずはキンキンに冷えた生ビール「プレミアムモルツ」(594円)と、「ローストポーク」(奥)と「チャーシュー炙り」(各510円)でスタートします。

「チャーシュー炙り」は、単品写真を撮ることも忘れて瞬殺してしまいました……。炙ることで香ばしさが加えられたチャーシュー、美味でした。

f:id:mesitsu_lc:20170829230747j:plain

こちらは低温調理で、しっとりした豚肉のうま味が楽しめる「ローストポーク」。どちらもサイドメニューではありますが、主役級。甲乙つけがたい酒の肴です。

こちらのお店で使用している豚肉は、最近徐々に食べられるお店が増えてきたブランド豚・長崎芳寿豚(ながさきほうじゅとん)です。日本で唯一という、23年連続SPF認定されている、厳格な衛生管理で特定病原菌のいない健康な豚です。

f:id:mesitsu_lc:20170829230753j:plain

チビチビやっていると、登場しました、「名物北新地餃子」です!

手間暇かけた少量生産で、流通ルートも限られている高級豚を使ったプレミアム餃子ですが、一皿6個 410円。北新地にありながら、なんてお値打ち!

そのまま食べると、カリサクっと皮を焼き上げた餃子は、ジューシーな肉と脂身のバランスの良さに、高級中華によく使われる、貝柱エキスで魚介のうま味がプラスされているそうです。こうま味の相乗はたまりません!

「酢醤油のタレも合いますが、おすすめの食べ方は、すだち果汁です」と店長の安在貴之さん。(すだち果汁は、上の写真の左のですね)

f:id:mesitsu_lc:20170829230823j:plain

ではお次は、すだち果汁で……

!?

天然果汁100%のすだち酢の上品な酸味で、餃子の脂のうま味が際立ち、シャープになったようです。これはビールが止まりません。

f:id:mesitsu_lc:20170829230832j:plain

餃子1皿ペロリとなくなったので、2皿目のお代わりに合わせて、2杯目には「とまとサワー」(410円)を。

こちらは爽やかなおいしさで、やはり餃子とよく合います。餃子にはやはりシュワっとしたお酒が合いますね、なんて話していると……。

f:id:mesitsu_lc:20170829234354j:plain

「シャンパンやワインもありますよ! どうですか? 」と店長の安在さん。

ワインやシャンパンも結構出るそうで、さすが北新地です。値段も北新地ではかなり安い方でしょう。女性連れで来た時でも、良心的な価格でエエ格好できると思います。

昨年10月に表に看板もなくオープン、それでもクチコミで人気が出てきて、北新地では珍しく、18時台から20時台は常に満席、という人気店です。

深夜1時をすぎるとアフター使いも多いそうですが、遅い時間の方が比較的空いているので狙い目だそうです。

お店情報

芳寿豚専門 北新地 ぎょうざ家

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-7 森ビル1F

電話番号:06-6131-8121

営業時間:18:00~翌2:00

定休日:日曜日・祝日

Facebook:芳寿豚専門 北新地 ぎょうざ家

※この記事は2017年8月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:西尾明彦

西尾明彦

外食ライター&コピーライター。食と酒を中心に、堅めのビジネス系など執筆中。趣味は酒蔵巡り。北は北海道から南は四国まで50蔵以上を訪問。大阪在住のきき酒師。

HP:大阪のコピーライター西尾事務所

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

新進気鋭の泡系ラーメン「Ramen 辻」がいろいろとスゴかった【大阪】
まさにプリンの王様!?プリンだらけの喫茶店に潜入してみた【大阪】
お好み焼きにはじめてマヨネーズをかけたのは「ぼてぢゅう」だった【大阪定番】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。