体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Excel(エクセル)で作業改善】文字数カウントの方法(LEN関数・LENB関数など)

エクセルでは関数を使えばセル内の文字数カウント、字数制限、特定の文字数のみカウント、ワークシート全体の文字数カウントなどが行えます。この記事では、エクセルの文字数カウント機能の基本から応用まで詳しく解説していきます。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

f:id:junko_one:20171016192354p:plain

【基本編】セル内の文字数をカウントする「LEN関数」、「LENB関数」

・基本の文字数カウントは「LEN関数」

【構文】

=LEN(A1)

LEN関数は1つのセルに入力した文字数をカウントするときに使います。たとえば、A1セルに入力した文字をカウントする場合は、任意のセルに「=LEN(A1)」と入力するとA1セルの文字数がカウントされます。(下記イメージ参照)

f:id:junko_one:20171016191425j:plain

LEN関数で指定したセルの文字数カウントは半角文字、全角文字の区別をつけないため、どちらも1文字として集計されます。改行やスペースも数字、句読点もすべて1文字としてカウントされるのがLEN関数の大きな特徴です。

・半角文字と全角文字を区別して文字数をカウントしたい場合は「LENB関数」

セルに入力した文字を半角文字と全角文字を区別して文字数カウントしたいときは、LENB関数を使います。

【構文】

=LENB(A1)

LENB関数では半角文字は1文字=1バイト、全角文字は1文字=2バイトでカウントします。たとえば、セルに「2017年に入社した」と入力した場合、LEN関数では全角文字、半角文字を区別しないため文字数カウントの結果は「10」になります。一方、LENB関数では全角文字と半角文字を区別するため、文字数カウントの結果は「16」となります。LENB関数は、セルに入力された文字のバイト数を調べる時に便利です。

【応用編】LEN関数を活用した文字数カウントや条件付け

・特定の文字のみカウントする場合は「LEN関数」と「SUBTITUE関数」を組み合わせる

LEN関数はセル内のすべての文字数をカウントするためのものです。セル内の特定の文字をカウントしたい場合は、LEN関数とSUBSTITUE関数を組み合わせます。

A2セルに入力した「列」という文字をカウントする場合を例に、LEN関数とSUBSTITUE関数の使い方を確認していきましょう。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会