体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Excel(エクセル)活用塾】計算結果を四捨五入・切り上げ・切り捨てするには?

計算する数値の中に小数点を含んでいるときには、その算出結果を見ると「48.9725…」などと、小数点以下が4桁、5桁と長くなってしまうことがあります。

小数点以下が何桁であっても正確に数値を出さなければならないという場合があれば話は別ですが、小数点以下は多くても2桁くらいに収めるのが一般的です。そこで、計算結果を出した後の、四捨五入・切り上げ・切り捨ての方法と関数を紹介します。

【Excel(エクセル)活用塾】計算結果を四捨五入・切り上げ・切り捨てするには?

四捨五入・切り上げ・切り捨てをしたい時に使う「ROUND関数」「ROUNDUP関数」「ROUNDDOWN関数」

まずは、「ROUND関数」「ROUNDUP関数」「ROUNDDOWN関数」です。

下記に簡単な概要をまとめました。まずはご覧ください。

【計算結果を「小数点第2位まで」表示させる場合】

関数

計算方法

構文

数値が「48.9725」の場合の結果

数値が「48.9785」の場合の結果

ROUND関数

四捨五入

=ROUND(数値,桁数)

48.97

48.98

ROUNDUP関数

切り上げ

=ROUNDUP(数値,桁数)

48.98

48.98

ROUNDDOWN関数

切り捨て

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

48.97

48.97

※構文の「数値」は、数値の入ったセルを指定することでも計算ができます。

※また、「桁数」には、表示させたい桁数(小数点第2位までとしたい場合は「2」)を入力します。

では、構文の例や使い方を詳しく見ていきましょう。

計算結果を、指定したい桁数で四捨五入するには「ROUND関数」を使用する

例えば、セルA1に表示された積が「48.9725」だとします。この値をセルA2に小数点以下第2位まで四捨五入して表示させたいとき、セルA2に

=ROUND(A1,2)

と入力すれば「48.97」という結果が表示されます。

切り上げたいときには「ROUNDUP関数」を使用する

構文はROUND関数と同じなので一緒に覚えておくと便利です。

セルA1に表示された積「48.9725」を小数点以下第2位まで切り上げ、その値をセルA2に表示させたい場合

=ROUNDUP(A1,2)

と入力すれば「48.98」という結果が表示されます。

切り捨てたいときは「ROUNDDOWN関数」を使用する

セルA1に表示された積「48.9725」を小数点以下第3位以降は切り捨て、その値をセルA2に表示させたい場合

=ROUNDDOWN(A1,2)

と入力すれば、「48.97」という結果が表示されます。

なお、ROUNDDOWNは指定の桁数以降を「切り捨て」る関数ですので、数値「48.9785」を小数点第2位までの表示にしたい場合、ROUND関数と違い「48.97」と表示されます。

また、切り捨てをしたい場合、ROUNDDOWN関数以外にも「TRUNC関数」「INT関数」というものが存在します。それぞれに特徴がありますので、あわせて解説します。

「ROUNDDOWN」以外で『切り捨て』を行う関数「TRUNC」「INT」

切り捨てには、ROUNDDOWN以外にも「TRUNC」「INT」という関数があります。それぞれの関数の違いをまとめました。下記の表をご覧ください。

【「48.9725」と「-48.9725」を切り捨てるケース】

関数

計算方法

構文

数値が正の値「48.9725」

の場合の結果

数値が負の値

「-48.9725」

の場合の結果

ROUNDDOWN関数

切り捨て

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

48.97

-48.97

TRUNC関数

切り捨て

=TRUNC(数値,桁数)

48.97

-48.97

=TRUNC(数値)

48

-48

INT関数

整数に切り捨て

=INT(数値)

48

-49

※構文の「数値」は、数値の入ったセルを指定することでも計算ができます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。