体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンシャイン水族館で珍しい“タツノオトシゴの仲間”の初展示


タツノオトシゴもハロウィン仮装?!

「サンシャイン水族館」で、水族館での展示が日本初となる「リボンドパイプフィッシュ」の展示が始まった。「リボンドパイプフィッシュ」は、細長い体と眼の上や体にある枝状で海藻のような突起が特徴で、オーストラリアでは“リボンドシードラゴン”とも呼ばれるタツノオトシゴの仲間だ。

海藻をまとったような姿は、まるでハロウィンの仮装のようなので、ハロウィンに合わせて観に行くのも一興かも。飼育経験が一番長いサンシャイン水族館館長も実物を見たことがなかったくらい、とてもめずらしい生き物なのだとか。


また、10月31日(火)まで、館内ではハロウィン・パーティー「サンシャイン水族館 HALLOWEEN PARTY 2017~海ハロ!~」を開催中。魚たちが水中でジャック・オー・ランタンに変身する「水中パフォーマンスタイム~ハロウィンver.~」をはじめ、アシカやコツメカワウソのパフォーマンスもこの時期限定のハロウィンver.で公開している。たまには水族館デートも楽しそう!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。