ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

燃料は太陽光だけ! 30分で湯を沸かせる「GoSun Go」は99ドル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
キャンプなどアウトドアでの調理といえば、炭を使うグリルやカセットコンロを思い浮かべる人が多いだろう。

しかし今回紹介するのは、太陽光だけで調理したり湯を沸かしたりすることができる「GoSun Go」。ポータブルサイズ、しかも30分で湯を沸かすことができるというスグレモノだ。

・客の要望に応えたサイズ

名称を聞いてピンときた読者もいるかもしれない。GoSun GoはGoSun Grillの姉妹商品となる。GoSun Grillは2013年にクラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達に成功し、商品化された。

開発元によると、これまでに60カ国の顧客1万5000人にGoSun Grillが届けられたが、その客からのフィードバックでポータブルタイプの開発を進めてきた。

・20~30分で調理

GoSun Goはコンパクトなケース内に真空の筒を備える。ケースを広げると放物面ミラーがあり、ここで太陽光を集めてエネルギーに変え、筒が加熱される。

筒の容量は420ミリリットルで、20~30分で調理できる。蒸す、焼く、グリルが可能だ。加熱後は数時間温かさをキープするという。

・日本へも45ドルで発送

燃料いらず、場所取らずと使い勝手は良さそうだが、唯一の難点は重さが9キロあること。リュックをかついでのアウトドア活動では辛いが、車で移動するという場合は使えそう。

GoSun Goは今ならKickstarterで99ドル(約1万1000円)の出資で入手できる。すでに目標を大幅に超える資金を集めていて商品化はほぼ確実な情勢。日本へはプラス45ドル(約5000円)で配達してくれる。出資は11月21日まで受け付け、商品発送は来年4月の予定。

GoSun Go/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。