ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

人気声優・置鮎龍太郎さん、刀剣に出たいと熱望 「刀剣に、我が需要はないのか!」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

声優の置鮎龍太郎さんが、「刀剣に、我が需要はないのか!(←出たいw)」とTwitter上に投稿しファンの注目をあつめています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

置鮎さんはアニメ『テニスの王子様』の手塚国光、『地獄先生ぬ~べ~』の鵺野鳴介など代表作は枚挙にいとまがないベテラン声優。しかも世代男女問わずに幅広く支持をされ、長年多くの人から愛される人気声優の一人でもあります。

刀剣に、我が需要はないのか!(←出たいw)

— 置鮎龍太郎 10.20~舞台声優に死す (@chikichikiko) 2017年10月18日

そんな置鮎さんがつぶやいた「刀剣」とは、DMMが運営する人気オンラインゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』のこと。日本の名だたる名刀たちを美男子擬人化したゲーム作品で、「刀剣女子」という言葉を生み出し、平成の世に「刀剣ブーム」を巻き起こした作品です。

人気作に人気俳優が「出たい」という率直な願い。
思わず前のめりで反応したファンは多く「需要ありまくりです」「是非お願いします!」「ありますあります!」「ディムロスで!」と続々リプライがよせられ、投稿わずか3時間ほどで1万4千もRTされていました。

実現するかは定かではありませんが、これだけのRT数。既に『刀剣乱舞』に関わる人達の誰かの目にとまっていてもおかしくありません。置鮎さんのこの願い。もしかしたら叶う……かもしれませんね。思わず期待してしまいます。

※画像は置鮎龍太郎さんTwitterアカウント(@chikichikiko)のスクリーンショットです。

(栗田まり子)

関連記事リンク(外部サイト)

アイナナ『MECHANICAL LULLABY』の一番くじが登場
カプコンバーでバイオハザード×ハロウィン期間限定コラボが実現
いよいよ戦争を始めますか? ケイブ完全新作始動、芝村裕吏が語る『戦争の始まり』

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。