体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都編】家具買取のいろはから実践まで!

使わなくなって幅をとるだけの家具を処分したい・引越しをするのでいらない家具は処分したい…でも、何から手をつけていいのかわからない。そんな家具は捨てたりお金を払って処分してもらわなくても、買取という方法でお金をもらえて、なおかつ引き取ってもらえる可能性があります。もちろん条件はありますが、取りこぼしのないように、家具の買取事情をまとめてみました。京都にお住まいの方はもちろん、京都にお住まいでない方にも参考になる部分があると思います。ぜひご覧ください!

家具の買取にあたって


実情は厳しい!

京都だけに関わらず、買取というものは買取ショップ、または業者間オークションなどの販路を経て再販されるものですから、当たり前のことですが需要のないものに価格はつきません。あなたが中古でも良いから家具を買おう、とした時に、大量製造の廉価型、あるいはノンブランドで古いものを求めるでしょうか。やはり売りに出せるものは中古であってもその存在感を失っていないものになります。

デザイナーズ家具

その買取ができるかどうかというボーダーラインに、「デザイナーズ家具」と呼ばれる家具があります。明確な分類があるわけではないのですが、名の通ったメーカーの商品であったり、職人の名前が冠されていたりするものです。こういったデザイナーズ家具の商品状態が良いもの、製造年月の近いものはまずまずの価格が付きます。またメーカーが不明なものでも、その作りやデザイン性が高いものであれば、買取ショップは査定額をつけてくれます。

デザイナーズ家具の一例

ソファー

出典:カムズファニーチャー

Cassina(カッシーナ)製 VERANDA(ヴェランダ) 1人掛けソファ
買取価格 70,000円〜
カムズファニーチャーより

テーブル

出典:リサイクルショップ グッドハンド 京都店

ボーコンセプト コーヒーテーブル
買取価格 20,000円
リサイクルショップ グッドハンド 京都店より

シャツケース

出典:カムズファニーチャー
1 2 3 4次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会