体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビヨンセ、実写版『美女と野獣』の出演オファーを受けていた

ビヨンセ、実写版『美女と野獣』の出演オファーを受けていた
 エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』は現時点で2017年最高の興行収入をあげた映画だが、このキャスティングが実現していればさらに伸びたのではないかという裏話を監督のビル・コンドンが披露している。

 ヤフー・エンターテインメントとのインタビューで監督は、羽ぼうきのプリュメット役を当初ビヨンセにオファーしていたことを明かした。「“美女と野獣”に出てもらおうとしたんだ。でも役が小さすぎた。彼女はいい羽ぼうきになれただろうな」と彼は話している。プリュメット役はググ・バサ=ロー(『Beyond the Lights』、『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』主演)が演じた。

 ビヨンセはコンドンのミュージカル映画『ドリームガールズ』(2006年)にディーナ・ジョーンズ役で主演している。『美女と野獣』は断った彼女だが、同じくディズニー・アニメのリメイク映画『ライオン・キング』への出演は現在交渉中だそうだ。ドナルド・グローヴァー演じるシンバの恋の相手、ナラ役の声優をオファーされている。

関連記事リンク(外部サイト)

ビヨンセの娘、「シングル・レディース」の振り付けで結婚式をお祝い
ビヨンセ、夫ジェイ・Zとのコラボ曲のリリース15周年を祝う
ビヨンセとの掛け合いが見事に調和~J・バルヴィン&ウィリー・ウィリアム「ミ・ヘンテ feat. ビヨンセ」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。