体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

信玄餅×赤ワインの衝撃!ソムリエが選ぶ山梨グルメと山梨ワインの世界

f:id:Meshi2_Writer:20170816192819j:plain

山梨県といえばワインの生産が盛んです。加えてほうとう、信玄餅、鳥モツ煮……おいしいメシもたくさんあります。それぞれ食べても十分うまい。ただ、ワインとうまく組み合わせたら、もっと山梨の味を感じることができるのではないでしょうか。

山梨県の食に関する知識が豊富であり、かつソムリエがいるお店……! でも、そんな都合のいいところがあるのだろうか……って、実は日本橋にあるんです!

東京にある山梨でお得にワインが飲める

f:id:Meshi2_Writer:20170816184530j:plain

全国各地の物産館が集中する東京の日本橋エリア、ここに山梨県物産館「富士の国 やまなし館」はあります。

店内には代表する桔梗信玄餅を始め、1,300を超える山梨県関連商品が並びます。

特筆すべきは山梨の農産物。もも、ぶどうの時期は果物が売り上げナンバーワンなのだそう。果物って自宅まで持ち帰るの重いし、近所のスーパーでも売ってますよね。それでもよく売れるのは本当に味がいいからなのでしょう。

f:id:Meshi2_Writer:20170816184627j:plain

そして「富士の国 やまなし館」の目玉はこれ、ワインです。扱う銘柄は250を超えます。幅広い価格帯、時期によっては限定品も並び、ワイン通でもうなる品ぞろえなのです。ワインに疎いかたでもご安心を。ソムリエの資格を持っているスタッフがおり、合わせる食事や好みを伝えれば的確にワインを選んでくれます。

f:id:Meshi2_Writer:20170816184653j:plain

山梨の物品を買えるだけではありません。お店の一画はイートインスペースとして山梨県産ワインの飲み比べや、ワインに合うおつまみ、一部の商品を食べることができます。ちょっといただいてみましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20170816184711j:plain

一番人気のワイン3種飲み比べ(550円~、1グラス50ml)。この日はスパークリングワイン1種、白ワイン3種、赤ワイン3種から選べました。ボトルで買うとお高めな銘柄もリーズナブルに飲むことができるため、2人組で6種類を試飲するお客さんも多いのだそう。

東京のど真ん中で、いいものがリーズナブルに飲める! 日本橋エリアに勤める人は、ついつい寄っちゃうだろうなぁ。

山梨グルメに合わせる山梨県産ワインをソムリエに選んでもらう

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。