体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・古川雄輝さんインタビュー「大学時代の人間関係は将来につながっていく」

俳優・古川雄輝さんインタビュー「大学時代の人間関係は将来につながっていく」 古川雄輝 古川雄輝

慶應大学を卒業後に俳優の道を歩きはじめたという古川雄輝さん。小顔でスラリとした身長、クールな雰囲気の古川さんは、この秋スタートのドラマ『重要参考人探偵』でモデルを演じるそう。そんなドラマの話をはじめ、独自の感性で俳優の仕事を選んだきっかけ、仕事に対するスタンスなどをうかがいました。

 

就職活動がきっかけで俳優の世界に足を踏み入れた

古川雄輝

――古川さんは大学生のときに、大学院に行くか就職するか俳優になるかで悩んでこの道を選んだそうですが、なぜ、俳優が選択肢の中に入ったんでしょうか? もともと俳優志望だったとか?

いえ、まったく。芸能界なんて自分とは関係ない世界だと思っていましたから。俳優が選択肢に入ったのは、もとはと言えば就職活動がきっかけなんです。

――就活で俳優? あまりつながりがないように思いますが…。

大学3年生のときに、周りが就職活動を始めて「自分も動かないと」と考えたときにアピールポイントがないことに気が付いたんです。当時、ダンスサークルの代表しかやっていなくて、これだけだと面接の時に弱いなと。就活はいろいろなことを経験しているほうが有利だと考えていたので、自分のアピールの少なさに悩んでいたら「ミスター慶應コンテストに出てみない?」とオファーを受けて。それまでだったら、絶対に断っていたんですけど「上位に入れば就活に使えるかも」と考えまして(笑)。

――それで、結果は…。

見事、グランプリを受賞しました! ただ、そこからなぜ俳優につながるかというと、この年、今、僕が所属している事務所が各大学のミスターグランプリを集めて新人発掘オーディションを行ったんです。正直、一般人の僕が芸能界のオーディションなんて行っても、何もないだろうと思ったんですが、これもアピールポイントになるかなと考えてオーディションに参加することにしました。

――ちなみに、こちらの結果は?

ダメでした。グランプリはとれず、オーディションに落ちたんです。でも、それがすごく悔しかった。今後、就職して仕事で何か嫌なことがあったら「あのとき芸能界に入って、俳優を目指せばよかった」と後悔しそうな気がして。

 

選択の判断基準は後々、後悔するか、しないか

古川雄輝

――オーディションに落ちた悔しさをバネに! という感じなんですね。

ちょっと違うかな(笑)。悔しさよりも、俳優という選択肢が出てきたときに、これをやったほうが後悔しないな、と思ったんです。

――後悔ですか?

基本的に僕は、後々、自分が後悔するかしないかを選択のひとつの基準にしています。たとえば仕事で新しいオファーがきて「この役を受けなかったら後で絶対に後悔する」と思えば受ける。プライベートでも忙しいときに遊びに誘われて「これに行かなかったらあとで後悔するかも」と思えば行く。

――物事を客観的に考えられるタイプなんですね。

そうだと思います。後悔以外にも効率も重視しますね。よく「気合いで乗り切れ」なんて言葉を聞きますけど、気合いよりもこう動いたほうが効率いいですよ、とアドバイスするタイプですから(笑)。

――理系脳ですね~(笑)。それで、実際に俳優に進んで後悔はしましたか?

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。