体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう、取り入れない訳にはいかない「ミレニアルピンク」な部屋。

もう、取り入れない訳にはいかない「ミレニアルピンク」な部屋。

「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。

「ミレニアルピンク」とは何かを定義するのは、名前の由来となったミレニアル世代を定義するのと同じくらい難しいものです。名前が広く認知されるようになったのこそ最近ですが、色そのものは何世紀も前から存在していました。それが数十年前にファッション界から復活し注目されるようになったのです。

心がはずむような、大胆で洗練された色合いは、誰でも大好きになれる色。インテリアでも多彩な取り入れ方ができます。

「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。

「ミレニアルピンク」とは何かを定義するのは、名前の由来となったミレニアル世代を定義するのと同じくらい難しいものです。名前が広く認知されるようになったのこそ最近ですが、色そのものは何世紀も前から存在していました。それが数十年前にファッション界から復活し注目されるようになったのです。

心がはずむような、大胆で洗練された色合いは、誰でも大好きになれる色。インテリアでも多彩な取り入れ方ができます。もう、取り入れない訳にはいかない「ミレニアルピンク」な部屋。もう、取り入れない訳にはいかない「ミレニアルピンク」な部屋。Photo by HouzzPhoto by Houzz

こんな気品あふれるピンク色の壁は、どんな家にも万能の選択肢とはいきませんが、間違いなくインパクトを作り出しています。「ミレニアルピンクはこんな色」と定義するのはちょっと複雑なので、まずは「ミレニアルピンクとはいえない色」を見ていくことから始めてみましょう。

こんな気品あふれるピンク色の壁は、どんな家にも万能の選択肢とはいきませんが、間違いなくインパクトを作り出しています。「ミレニアルピンクはこんな色」と定義するのはちょっと複雑なので、まずは「ミレニアルピンクとはいえない色」を見ていくことから始めてみましょう。

「バービーピンク」ではない

「バービーピンク」ではない

もう、取り入れない訳にはいかない「ミレニアルピンク」な部屋。もう、取り入れない訳にはいかない「ミレニアルピンク」な部屋。Photo by HouzzPhoto by Houzz

バービーピンクを思わせるはじけるような元気いっぱいのマゼンタ(明るい赤紫)は、おもちゃやプリンセスが着るドレスの色として思い浮かべる人が多いピンク色です。おそらくこれからも消えることはない色ですが、ミレニアルピンクは違います。

写真の部屋の壁はピンクですが、女の子の服にくらべるとぐっと抑えたトーン。服のピンクはよりピュアで蛍光色の色味ですが、壁のピンクはずっと繊細でピーチ寄りの色です。

もし壁の色が服のピンクと同じ色だったら、どうでしょう? 強い色味になるとずいぶん違ってくるはず。壁にはソフトなミレニアルピンクの方がふさわしいのもうなずけます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。