体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤマキ『割烹白だし』で作る料理は本当においしい? 創業100周年の鰹節屋・だし屋の調味料を実際に使ってみた!

毎日の料理に欠かせない”だし”をもっと簡単に! ヤマキ割烹白だしは、忙しい毎日でもおいしい料理を作りたいと思う皆さんの味方。今日は実際に『割烹白だし』を使って、本当にこの1本で納得できる一品が作れるのかを検証。人気の理由を探ってみた!

 

ヤマキは創業100周年!ロングセラー商品の『割烹白だし』に注目!

ヤマキ株式会社(愛媛県伊予市)は、花かつおの製造会社として大正6年に創業。現在では、鰹節やめんつゆ、白だしをはじめ様々な調味料を製造・販売する食品メーカーに成長し、日本の食文化を豊かにする企業として2017年4月に創業100周年を迎えた。

 

そんなヤマキブランドの看板商品のひとつ、割烹白だし』(400ml・希望小売価格 税抜340円)は、白だしカテゴリー売上No.1!(ヤマキ調べ2015年1~12月KSP-POSデータより) 鰹節屋、だし屋ヤマキならではの鰹一番だしを効かせた調味料で、シンプルな和風だしでありながらそのクオリティの高さ、そしてメニューの豊富さから人気を集めている。

単身世帯や共働きが増え、節約志向の定着により自炊の意識が年々高まりつつなってきた現代。 だしをとるのは時間もかかるしどうしてもハードルが高く感じてしまいがち。 しかし、だしが決まれば料理の味わいが格段にランクアップするから、手をかけたい部分ではある。 「もっと簡単に、おいしいだしがとれればなぁ・・・」という思いに駆られることはしばしば。そこで今回は、人気の『割烹白だし』にクローズアップ! 水と混ぜるだけでだしのきいたおいしいスープが作れるって本当? 実際に使って、その味わいを確かめてみよう!

 

たった1本で本当においしい料理が作れる?『割烹白だし』を使ってみた!

『割烹白だし』は、鰹一番だしを効きかせた調味料。水で薄めるだけで、本格的なスープが作れてしまう時短アイテムというから、仕事に家事に育児に忙しい毎日に嬉しい存在だ。

 

そのレパートリーの豊富さは、公式サイトをみれば一目瞭然。今回はその中からこれからの季節に特に食べたい「たっぷりきのことふわふわ卵の白だしスープ」をチョイス!

このレシピは、人気お料理サイト「クックパッド」の”つくれぽ1000”の1000人の殿堂入りレシピにも選ばれた、今もなお投稿が増えている簡単なのにおいしいと評判の人気のメニュー。それではさっそく作っていこう!

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。