ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

プログラミングとロボット工学を学びながら本格的なAIロボットが作れるDIYキット「NOVA」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
進化の止まらないロボット。子供でも簡単に組み立てられて、プログラミングの学習にも最適なDIYキットもよく目にするようになってきた。

しかし、今回紹介する「NOVA」はそれらと一味違う。NOVAは、ロボット開発をしたい人が本格的に学べるDIYキットとなっているのだ。

・ロボットを組み立てて、プログラミングも


NOVAは、Arduinoベースで動く人工知能ロボットだ。自宅にはばらばらのパーツが届くため、自分でロボットを組み立てるところから始めなくてはいけない。まるで本物のロボットの頭部を開発しているような気分になるだろう。

ロボットにはカメラが搭載されているため、人の顔、色、距離、動きを認識させることができる。自分でプログラムすれば、これらの機能を駆使した自分だけのAIロボットをつくることができるのだ。

誰にでもオススメできるキットとはいえないが、ハードウェアとソフトウェアの両方を学べる良い学習ツールにもなるのではないだろうか?

・ユーザーが自由にパーツを追加可能

NOVAはオープンソースになっているので、ユーザーは自由に部品を追加して機能を拡張していくことができる。例えば、スピーカー、マイク、Bluetooth、WiFiパーツを追加して、リアルに動くAIスマートスピーカー風のロボットにしてみたり、頭部の下に車輪をつけて、カメラからの動きに合わせて後ろをついてくるような仕様にすることもできるだろう。

頭がグリグリと前後左右に動くNOVAは多少不気味ではあるが、可能性は無限大だ。NOVAはKickstarterにて今なら139ポンド(約2万740円)で、2017年11月14日までキャンペーンを実施している。

本気でロボット開発を志している人は、まずはこちらから試してみはどうだろう?

執筆:Doga

NOVA/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。