ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

アンディ・ウォーホルと25匹の猫の話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アンディ・ウォーホルと25匹の猫の話
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAPPORO AINO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」。このコーナーでは様々な愛のストーリーと音楽をお届けしていますが、16日(月)の週は猫と相思相愛だったアーティストの話をお届けしています。

10月17日(火)のオンエアは、アンディ・ウォーホルと25匹の猫のストーリー。

ポップアートを自ら大量生産していったアンディ・ウォーホル。1961年、33歳の時、その活動をスタートすると、彼は一躍時代の寵児となり、64年にはニューヨークのダウンタウンに、ファクトリーというスタジオを構えます。そこにはジョン・レノン、トルーマン・カポーティ、ミック・ジャガー、ルー・リードなど、様々なアーティストが日々やってきていました。

そんな“アーティスト”になる少し前の時代…。彼は雑誌の広告や挿絵を手掛けるイラストレーターでした。そしてその頃の彼は母親と、25匹の猫たちと暮らしていました。猫は皆、「サム」という同じ名前で呼ばれていたそうです。

最初は、猫を1匹だけ飼っていたのだそう。名前はへスター。でもその子猫がひとりきりで育っていくのはさみしいだろうと、もう1匹飼い、サムと名付けたのだそうです。

2匹はすぐに仲良しになり、子猫が生まれ、さらに、どこかから拾ってきたり、もらってきたり。そうして気づくと家には25匹もの猫が! そのたびにウォーホルは猫たちにサムと名付けたのだそうです。

マリリン・モンローやドル紙幣、キャンベルスープの缶など、誰もが知っているものをモチーフにしたシルクスクリーンで知られるウォーホルですが、イラストレーター時代には、25匹のサムの絵をたくさん描いていました。そして母親がお金を出して、ウォーホルは人生初の画集「25 Cats Name Sam and One Blue Pussy(サムという名の25匹の猫と1匹の青い仔猫ちゃん)」を出しました。

ウォーホルと25匹のサム、いかがでしたか? 次回18日(水)は、人と猫のやさしい関係を描いたパブロ・ピカソのストーリーをお届けします。どうぞお聴き逃しなく♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。