体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤西 仁、約1年半振りのアルバム発売&ティザー映像公開

赤西 仁主宰のレーベル「Go Good Records」とユニバーサルミュージックの業務提携の契約が成立。そのリリース第1弾として12月12日(火)にアルバム『Blessèd』(読み:ブレッシド)をリリースすることが決定した。
赤西 仁 (okmusic UP's)

2014年より活動を開始した「Go Good Records」は更なる活動の場を拡げる事を目的に、パートナーとして洋邦多数のビッグアーティストが所属し、海外ネットワークを持つユニバーサルミュージックを選出。ユニバーサルミュージックは赤西 仁がアジアを代表するエンターティナ―で在ることは勿論のこと、彼の創り出すグローバルスタンダードな音楽性は国内マーケットに留まること無く、日本から世界へ発信すべき作品であると確信し、“Are You Listening To GOOD Music?”というメッセージを掲げ、その活動をサポートすべく業務提携の契約を結んだ。第1弾リリースのアルバム『Blessèd』は、前作『Audio Fashion』から約1年半振りとなるソロ通算7枚目のアルバムとのこと。

『Blessèd』には2017年5月5日、6日の2日間、東京・国立代々木第一体育館にて行なわれた『JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI~Résumé~』で初披露し話題を呼んだ新曲「Fill Me Up」「Yesterday」を含む全10曲を収録。前述の2曲はジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、リアーナ(Rihanna)、ブルーノ・マーズ(Bruno mars)、ファーイースト・ムーブメント(Far East Movement)等の楽曲・プロデュースを手掛けるプロデューサーチームのステレオタイプス(Stereotypes)が提供をした楽曲となっている。

同作は初回限定盤A(CD+DVD)、初回限定盤B(CD+DVD)、通常盤(CD)、JIP’s限定盤(ファンクラブ限定盤/CD+VR)の4形態でリリースすることが決定しており、初回限定盤A付属DVDには「Fill Me Up」のMVとメイキングを収録。初回限定盤B付属DVDには「Yesterday」のリリックビデオと「JIN AKANISHI 2017 DIGEST」を収録。通常盤にはボーナス・トラック1曲が追加され、計11曲を収録している。さらにJIP’s限定盤にはVRゴーグルとVR映像視聴用コードがオリジナルBOXケースに収納されており、そのVRコンテンツもファン必見の内容だ。アルバムのティーザー映像も公開となっているので、ぜひチェックしてほしい。
【コメント】

■赤西 仁

「個人的見解でしかないのですが、これからは日本のアーティスト、アクター、クリエイターも、頂いた仕事をこなしていくのはもちろんなのですが、もっとビジネス的に自分達をブランディングしていき、個々の仕事の範囲、可能性を拡大していくべきだと思っています。 今年で独立してから4年目になります。”Go Good Records”は独立後に立ち上げた個人レーベルなのですが、立ち上げてから、ファンの皆様と大切に一緒に育ててきたものなので、簡単に失くしたくないという思いもあり、UNIVERSAL MUSIC JAPANさんから頂いたオファーに対し、僕の自主レーベルと業務提携というビジネス主体での契約で、自分自身、アーティスト単体の視点では見えない色々な経験を積み、成長していきたいと思い、アーティスト個人での契約ではなく、レーベル業務提携という形を取らせていただきました。メジャーレーベルのグローバルなネットワークから刺激を受け、自分の音楽のレベルを上げていき、日本だけではなく、海外にももっと発信していければと思っています。」
■ユニバーサルミュージック合同会社 社長兼最高経営責任者(CEO)藤倉尚

「良い音楽には国境が無いことをいくつものアーティストが証明しています。Go Good Recordsもそれに準ずる音楽を創造し、進化を遂げてきたレーベルです。これまで、そのレーベルを音楽に誠実に育ててきた主宰・赤西 仁氏の感性と、世界最大のマーケットシェアを持つ我々ユニバーサルミュージックのノウハウを掛け合わせ、その可能性を最大値に拡げていきたいと考えています。」
アルバム『Blessèd』ティザー映像

https://www.youtube.com/watch?v=iHXgtqhfB38アルバム『Blessèd』
2017年12月12日(火)発売

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。