ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

九州イチの紅葉名所!雲仙で楽しむ温泉と秋絶景デートに行こう♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
仁田峠(雲仙ロープウェイ)

自然絶景あり、温泉あり、美食ありと、三拍子そろった長崎県の雲仙温泉。

この季節は九州イチの紅葉としても知られる、仁田峠(雲仙ロープウェイ)が見ごろを迎えます。彼氏・彼女を誘って、温泉と秋絶景を楽しむいまだけのデートに出かけませんか?

記事配信:じゃらんニュース

仁田峠(雲仙ロープウェイ)

眼下に広がり目の前に迫るカラフルな山肌に大興奮!

仁田峠(雲仙ロープウェイ)標高1100mから1300mへ。約500mの距離を上る、約3分の空中散歩

紅葉する草木が120種類あるという普賢岳。赤、黄色、オレンジに染まった山肌をゴンドラに乗っての大見物。山頂駅につけば眼下の紅葉+青い海、さらに水平線に天草の島々も一望。

見頃/10月下旬~11月上旬

仁田峠(にたとうげ)(雲仙ロープウェイ)

TEL/0957-73-3572

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙551

営業時間/ロープウェイ運行時間8時31分~下り最終17時23分、11月~3月は下り最終17時11分 ※8分間隔で運行(都合により延長あり)

定休日/荒天時

料金/中学生以上往復1260円、小学生以下630円(5歳までは大人1名につき1名無料)

アクセス/長崎道諫早ICより1時間15分

駐車場/仁田峠駐車場200台

「雲仙ロープウェイ」の詳細はこちら

雲仙地獄

お散歩の他、地獄の産物を利用した癒しやおやつも。

雲仙地獄遊歩道の途中には、温泉蒸気を利用した足蒸し場もあり

激しい噴気や泥を出す地獄スポットを巡る遊歩道は1周約30分。散策した後は、1個食べれば1年長生き、3個食べれば死ぬまで元気、と言われる地獄蒸し卵がおすすめ(2個200円) 雲仙地獄

問合せ/雲仙温泉観光協会

TEL/0957-73-3434

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙

営業時間/終日開放

アクセス/長崎道諫早ICより1時間

駐車場/周辺の有料駐車場利用

「雲仙地獄」の詳細はこちら

遠江屋本舗

お散歩ソフトは名物の「湯せんぺい」と共に。

遠江屋本舗遠江屋本舗大正~昭和に活躍した吉田初三郎の島原鳥瞰図で包まれた純一枚手焼き雲仙湯せんぺい(650円/10枚入り) 雲仙に湧く温泉水を生地に加え手焼きで作る伝統菓子「湯せんぺい」。そのサクサク生地をスプーン替りにして、選べる8種のソフトと共に味わう湯せんぺいソフト(350円)が大人気。遠江屋本舗9月~11月は前日予約で手焼き体験も可(1000円) 遠江屋本舗温泉神社の近く、木造3階建ての風情ある外観が目印

遠江屋本舗(とおとうみやほんぽ)

TEL/0957-73-2155

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙317

営業時間/8時30分~22時

定休日/不定 ※年末年始休みあり、要問合せ

アクセス/長崎道諫早ICより1時間

駐車場/1台

「遠江屋本舗」の詳細はこちら

民芸モダンの宿 雲仙福田屋

2017年2月9日(ふくの日)生まれ露天風呂付き客室が大評判!

民芸モダンの宿 雲仙福田屋新館にできた宿泊者専用の展望露天「薫風の湯」 秋の山の香りと風を心置きなく楽しめる新館「山照(やまてらす)別邸」の7部屋。山々を望むテラスや露天風呂、良質の眠りへと誘う寝具、厳選の調度品やアメニティーも揃えた充実空間。民芸モダンの宿 雲仙福田屋山照別邸「福」の寝室はダブルサイズのツインベッド 民芸モダンの宿 雲仙福田屋長崎和牛の牛鍋や半島の海幸山幸が満載のプランも 民芸モダンの宿 雲仙福田屋眺望自慢のテラスを持つ山カフェ&バーも新登場

民芸モダンの宿 雲仙福田屋

TEL/0957-73-2151

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙380-2

営業時間/チェックイン15時、チェックアウト新館11時・本館10時

定休日/不定

料金/1泊2食2名1室ひとり1万800円~※新館は2万3000円~

アクセス/長崎道諫早ICより1時間

駐車場/50台

「民芸モダンの宿 雲仙福田屋」の詳細はこちら

※この記事は2017年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

紅葉見ながらBBQに芋煮会!仲間と行きたいおすすめ紅葉スポット【東北】
温泉の後はライトアップされた庭園を愉しむのも…♪石川県のおすすめデートスポット7選
インスタ映え◎紅葉デート・女子会におすすめの「テイクアウトランチ」【東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。