ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

赤西仁主宰レーベル×ユニバーサルが業務提携、12月にタッグ第1弾ALリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
赤西仁主宰レーベル×ユニバーサルが業務提携、12月にタッグ第1弾ALリリース

 赤西仁が主宰するレーベル“Go Good Records”と“ユニバーサルミュージック”が業務提携契約を締結したことが明らかとなり、そのリリース第1弾として赤西仁のニュー・アルバム『Blessed』が12月12日にリリースされる。

 赤西は今回の契約について「僕の自主レーベルと業務提携というビジネス主体の契約で、自分自身、アーティスト単体の視点では見えない色々な経験を積み、成長していきたいと思い、アーティスト個人の契約ではなく、レーベル業務提携という形を取らせていただきました」とコメント。さらに「日本だけではなく、海外にももっと発信していければと思っています」とも語っている。

 アルバム『Blessed』にはジャスティン・ビーバー、リアーナ、ブルーノ・マーズなどの楽曲を手がけたプロデューサー・チームのステレオタイプスが提供し、2017年5月のライブで初披露された新曲「Fill Me Up」「Yesterday」を含む全10曲が収録。DVD付きの初回限定盤2仕様とCDのみの通常盤、VRゴーグルとVR映像視聴用コードを同梱したファンクラブ限定のJIP’s限定盤の4仕様が発売される。

◎赤西仁 コメント全文
個人的見解でしかないのですが、これからは日本のアーティスト、アクター、クリエイターも、頂いた仕事をこなしていくのはもちろんなのですが、もっとビジネス的に自分達をブランディングしていき、個々の仕事の範囲、可能性を拡大していくべきだと思っています。 今年で独立してから4年目になります。“Go Good Records”は独立後に立ち上げた個人レーベルなのですが、立ち上げてから、ファンの皆様と大切に一緒に育ててきたものなので、簡単に失くしたくないという思いもあり、UNIVERSAL MUSIC JAPANさんから頂いたオファーに対し、僕の自主レーベルと業務提携というビジネス主体での契約で、自分自身、アーティスト単体の視点では見えない色々な経験を積み、成長していきたいと思い、アーティスト個人での契約ではなく、レーベル業務提携という形を取らせていただきました。メジャーレーベルのグローバルなネットワークから刺激を受け、自分の音楽のレベルを上げていき、日本だけではなく、海外にももっと発信していければと思っています。

◎『Blessed』Teaser:
https://youtu.be/iHXgtqhfB38

※『Blessed』のeはアキュートアクセント付きが正式表記

関連記事リンク(外部サイト)

赤西仁 新宿ユニカビジョンにて特集番組放映決定
HYDE(L’Arc~en~Ciel)× 赤西仁のスペシャルトーク生配信
赤西 仁、スペシャルライブで“JINTAKA”一夜限りのサプライズ再結成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。