体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デンマーク人の幸福の秘密、「ヒュッゲ」。居心地のいいライフスタイルはどう生まれるのか?(後編)

デンマーク人の幸福の秘密、「ヒュッゲ」。居心地のいいライフスタイルはどう生まれるのか?(後編)

デンマークといえば、世界でもトップクラスに幸福度の高い国。

「ミニマリスト」であるデンマーク人たちは、自分の居場所を大切にし、隣人や友人と素で付き合える人間関係を大切にしています。

そんなデンマーク人のシンプルな暮らしを紹介した『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』(大和書房刊)の著者で、北欧流ワークライフデザイナーとして知られる芳子ビューエルさんへのインタビュー。

前編ではデンマーク人が大切にしている幸せの証「ヒュッゲ」について聞きましたが、後編では、より具体的に、働き方や社会保障について聞いていきます。

きっとデンマークに住んでみたくなるはずです。

(取材・文/金井元貴)

■日本人が学ぶべき、無駄が少ないデンマーク人の働き方

――インタビューの前編で「デンマーク人は残業をしない」とお話されていましたが、デンマーク人の働き方についてお伺いしたいです。

ビューエル:デンマーク人の働き方は、日本人と比べて、朝が早くて夜も早いんです。朝7時くらいから働き始めて、16時頃には業務を終えます。冬は帰る時間くらいが日の入りになるのですが、夏はかなり遅くまで日が昇っているので、明るい間にいろいろなことを楽しめますね。

これは日本でもできると思います。帰ってからの時間がたくさんあると、生活に豊かさを感じるでしょうね。

――ビューエルさんはご自身で会社(株式会社アペックス・株式会社アルトの2社)を経営されていますが、デンマーク的な労働環境を取り入れているのですか?

ビューエル:もちろんです。インテリアは北欧製のものですし、女性は出産をしても100%復帰できるように整えています。また、社員旅行は社員の家族も一緒に行けるようにしていますね。

――デンマークといえばジェンダー平等の先進国です。女性の活躍を促したい企業としては参考になりますね。

ビューエル:私の会社の比率は男女半々なのですが、男女問わず全ての社員が平等にキャリアを積んで活躍してほしいと考えています。

ただ、多くの女性は、「キャリアを積むんだ!」という向上心を持って会社に入ってくるわけではなくて、結婚や出産などのライフイベントを経て、いつかキャリアを諦めないといけないときがくると思っているんです。

でも、子どもを育てながらキャリアを積んでいる女性の先輩たちを見ることで、「私もできるんじゃないか」と思うようになる。そういうサイクルができているように思いますね。

――先輩たちの姿が、自分の働き方のモデルになるわけですね。

ビューエル:これを中小企業で実践するのは実はすごく難しいんです。でも、みんなが努力をすることで可能になるのではないかと思っています。

――デンマーク企業の働き方を日本の企業に導入したいと考えたときに、まずどのような部分を取り入れるべきだと思いますか?

ビューエル:デンマークの企業はかなり合理的で無駄がないんです。日本は一つの案件を通すのにも、稟議書を書いて印鑑を複数もらい…と手続きが多いですよね。そうしたものから無駄なものをどんどんなくしていくことが第一です。

生産性の向上を目指すなら、無駄をどんどん省いていく文化を築くことが必要じゃないかと思いますね。そうしないと時間内に業務を終わらすのは難しいでしょう。

デンマークには必要なものをだけを追求する文化が根付いています。余分なものを持たないと言い換えてもいいでしょう。

これは家の中にもあらわれていて、日本人の家って、なぜかモノが多いですよね。使わないのに取っておいたり。でも、デンマーク人の家はすっきりしている。家の広さ自体は実は日本とあまり変わらないのですが、デンマーク人の家の方が広く感じるんです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。