体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビジネス文章が「もっと速く書ける」ようになる“シンプルな考え方”――上阪徹の『超スピード文章術』

仕事でもプライベートでも、文章を書く機会がどんどん増えている昨今。ところが、文章をめぐって、こんな思いを持っている人がいませんか?

「文章が苦手。書いている時間が辛い。メールも企画書もできれば書きたくない」

「最初の1行を書き出すまでに、ものすごく時間がかかる」

「文章がうまく伝わらない。しゃべって伝えることはできるのに」

「書き直しを何度も命じられて、いつまで経っても書き終わらない」

「数千字のレポートは、文字が埋まらなくて苦痛だ」

こうした人にこそ、ぜひ読んでいただきたいのが、著書『10倍速く書ける 超スピード文章術』が大きな話題になっている上阪徹さんの本連載です。メール、企画書、レポート、ブログ、SNSまで、実は誰も教えてくれなかった「大人の文書」のすばやい作り方を学べる、全5回です。

ブックライター 上阪徹さん

上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売り上げは200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1カ月15万字」書き続ける超速筆ライター。

1966年産まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『10倍速く書ける 超スピード文章術』『書いて生きていく プロ文章論』『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか』『成功者3000人の言葉』『リブセンス』『職業、ブックライター。』など。

漢字や専門用語が多い文章を書いてしまうときは要注意

f:id:k_kushida:20171016111806j:plain

伝わる文章を書くシンプルなマインドセット、「読んでもらうのは大変なことと認識する」「形容詞をできるだけ使わない」の2つについて、前回の連載第4回ではお伝えしました。今回、最終回は長い文章を書くためのシンプルな考え方、すばやく文章を書くためのシンプルな方法の2つについてご紹介します。

長い文章を書かなければいけない、となると身構えてしまう人は少なくないようです。2000文字、3000文字どころか、1000文字でもストレス、うわぁどうしよう、と不安になってしまう、とよく耳にします。

実は、かつての私もそうでした。300文字書くのに1日かかっていた駆け出しのコピーライター時代、だんだんと広告のスペースが大きくなり、たくさんの文字を書かなければいけなくなっていったのです。

当時、作っていた求人広告では、モノクロで1ページ以上の大きさになると、特定のフォーマットに文章を書いて入れなければならない仕組みになっていました。1000文字ほどだったと記憶していますが、これをどうやって埋めるかが毎回、大きな悩みでした。

「なんとかして文字を埋めないといけない」「書かないといけない」と追い込まれていたのです。

長い文章を書くには、たくさんの素材があればいい

今は長文に対して、まったく恐怖感はありません。理由は簡単で、長い文章に何が必要になるのかをわかっているからです。「素材」です。文章の長さというのは、素材の量の違いなのです。

短い文章は少しの素材でいいし、長い文章はたくさんの素材が必要になる。素材とは、「事実、数字、エピソード」の3つです。長い文章を書くには、長い文章を構成するに足るだけの、たくさんの素材が必要になるのです。

つまり、長い文章を書かなければいけなくなったとき、素材をたくさん集めておけばいい、ということ。それさえあれば、まったく怖いものではないのです。逆に素材が用意できていないのに、長い文章を書くことはできません。もし、書くのが心配だったとしたら、それは素材が揃っていないから、という可能性が高いのです。

だから、大事なことは早い段階から素材集めの準備をしておくこと。とにかく素材を思いついたらメモをしていくことです。

例えば、物流センターに行って出張レポートを書かなければいけなくなったとする。私なら、行く前に何をメモしてこないといけないか、まずは事前にリストを作ると思います。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。