ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

クッキー? いえ、ポップでかわいい富士山「石けん」です。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
クッキー? いえ、ポップでかわいい富士山「石けん」です。

はじめて実物の富士山を見たとき、その形の美しさに息を飲みました。

バランスの取れたシルエットは、日本を代表する形のひとつとも言えるかもしれません。デフォルメ化されると、ポップでキュートな雰囲気になるのも魅力です。

そんな富士山の形の、新しいお土産が誕生しました。
その名も「FUJIYAMA SEKKEN」。

河口湖で毎日一枚ずつ富士山の形のクッキーを焼き続けている「FUJIYAMA COOKIE」と、生活にそっと寄り添う優しい石鹸を作る「松山油脂」がコラボしたこちらの商品は、使うだけで楽しい気持ちになれそうな、こだわりの石鹸です。

可愛らしいカタチと
やさしい使い心地

クッキー? いえ、ポップでかわいい富士山「石けん」です。

なんと言っても、この可愛らしいフォルム。ころんとした柔らかいラインと、優しい色合いは、見ているだけで癒やされます。

そもそも形は「FUJIYAMA COOKIE」に由来していて、観光客にも人気のクッキー。それを石鹸にも応用して、新しい富士山名物として「FUJIYAMA SEKKEN」を作り出しました。

クッキーの形を可能な限り再現できるよう金型作りから始まり、雪はなんと手作業で行なっているのだとか。クッキー? いえ、ポップでかわいい富士山「石けん」です。

1908年に創業し、およそ100年の間「毎日、そして最後まで気持ちよく使える製品」を作り続けてきた松山油脂。伝統の「釜炊き製法」の石鹸は、仕込みから仕上がりまで100時間かけて丁寧に作られているそうです。

保湿成分であるグリセリンをたっぷりと含んでいるため、皮膚がつっぱることのないしっとりとした洗い上がりが特徴です。

優しく香る天然精油は、ラベンダー、ローズマリー、レモングラスの3種類。

「富士山」に
思いを馳せて…

お土産としてだけでなく、忙しい毎日に癒やしを求めているみなさんにも使ってみて欲しい「FUJIYAMA SEKKEN」。

「FUJIYAMA COOKIE」の店舗、富士五湖エリアの限定店舗や、オンラインショップでも購入可能で、ひとつ300円ほどとお手頃。

こだわりの石鹸を使う瞬間は、毎日のちょっとした楽しみになるもの。美しい富士山に思いを馳せながら、自分を磨いていきたいものです。Licensed material used with permission by 松山油脂

関連記事リンク(外部サイト)

外国の友人への「次のお土産」はコレに決まり
「ビスケット」「クッキー」「サブレ」の違いとは?
こんな映像見たことない!富士山をバックに、ドローンと三味線、LEDライトがコラボ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。