ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パンマニアも絶賛!三軒茶屋のこだわりコッペパン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パンマニアも絶賛!三軒茶屋のこだわりコッペパン
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。この週は「昔なつかし、いまは新し!コッペパン特集」をテーマにお送りしています。10月16日(月)のオンエアでは、三軒茶屋のパン屋さん「nukumuku」のコッペパンに注目しました!

お店を紹介してくれたパンマニアの片山智香子さんによると、「国産小麦で作ったコッペパンで、そのまま食べても飽きません。大きさは少し大きめで、丸味をおびていて可愛らしい感じです」と絶賛。

スタジオには、オーナーシェフの与儀高志さんをお迎えしました。10年間、中村橋にお店を構えていましたが、1年ほど前に三軒茶屋に移転しました。与儀さん曰く、見た目よりも食の安全性や素材に目を向けるようになり、1人でも多くの人に食べてもらいたくて、とりわけパンの需要の高い世田谷区に移転したのだそうです。

nukumukuのプレーンのコッペパンは、そのまま食べてもほんのりとした甘みがあります。バターの量を、ちょうど良い塩梅にしているそうです。試食したサッシャも大満足。

ピーナッツバターのコッペパンは、バターがたっぷりです。「口どけが非常に良くて、パンのパサパサした感じが一切ないです!」と寺岡も感激していました。食感の秘密について与儀さんは、「卵を全部使うとブリブリした食感になりますが、それだと口どけの邪魔になってしまうため、白身は除いて、代わりに水を入れて口どけが良いようにしています」と解説。ピーナッツは風味とコクの強い、千葉産の半立(はんだち)という品種が使用されているそうです。

与儀さんは『コッペパンワンダーランド!』(世界文化社)も執筆しています。コッペパンの魅力についてお聞きしたところ、「小さい子どもからお年寄りまで、誰からも愛されて、油で揚げれば揚げパンにもなるし、食材を挟めばサンドイッチにも変身する。そんな万能なパンはコッペパン以外にありません」とのことでした。皆さんもぜひ、お試しください。お店は三軒茶屋の茶沢通りにあります。月曜日と、第1、3、5火曜日は定休日です。

さて、次回17日(火)も続く、「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」のおいしいコッペパン特集をどうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。