体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人が思わずSNSにアップしたくなる!不思議の国日本の面白アイテム5選【日本の不思議】

日本と海外の文化ギャップは、TABIZINEでも長く人気を誇るテーマ。そのギャップを楽しめるのは、日本という国の独特の文化や風土あってこそです。そこで今回は、日本発祥の世界で愛されるもの、実は日本が世界一という意外なトピック、日本独特の興味深い文化などなど、知られざる日本の面白い部分を「日本の不思議」と題し特集したいと思います!

外国人が思わずSNSにアップしたくなる!不思議の国日本の面白アイテム5選【日本の不思議】

毎年増え続ける外国からの訪日客。初めて日本を訪れる外国人観光客がSNSにアップしたくなるものは、日本の美しい風景や建物だけではありません。

今回は、日本人にとっては「なぜそんなものが?」と思ってしまうような、日常に潜む外国人をワクワクさせる人気アイテムをご紹介。日本人が見落としてしまっている日本の不思議アイテムを見ていきましょう。

外国人がその用途に困る?スーパーやコンビニの釣り銭トレイ

外国人が思わずSNSにアップしたくなる!不思議の国日本の面白アイテム5選【日本の不思議】

日々の生活に欠かせないスーパーやコンビニ。支払いの際レジ横に置かれている釣り銭トレイは、支払いをするとき、またお釣りをもらうときに当たり前のように使われていますが、初めて日本に来る外国の人にとってはとても不思議なアイテムなのです。

そもそもお金の受け渡しはレジの人と客が直接手渡しで行うことが大半な海外では、釣り銭トレイという概念が存在しません。細かいお釣りをもらうとき、トレイに広げてもらえると確認をしやすい、また相手を直接触らないので丁寧な印象を与えることができるというメリットもある反面、トレイに慣れていない外国人にとっては、せっかくお釣りをもらおうと手を差し出したのにトレイに入れられてちょっとガッカリした! という経験をされる方もいるそうです。

これぞ身近なクールジャパン!進化を続ける自動販売機

外国人が思わずSNSにアップしたくなる!不思議の国日本の面白アイテム5選【日本の不思議】

日本の飲料自動販売機は、あたたかいものから冷たいものまでたくさんの種類を取りそろえており、また最近では電子マネーで購入ができたり、全画面タッチスクリーン式のマシンがあったりと、日々進化を続けています。

そんな日本の自動販売機も外国人にとってはワクワクアイテムの一つ。海外の自販機は種類が限られているものが多く、また缶やペットボトルのホットドリンクを自販機で買えるところはほとんどありません。それだけでも日本の自販機はユニークなのに加え、昨今の最新式自販機はまるでゲーム感覚でドリンクを買うことができると、外国人にとって撮影必須のアイテムになっているのです。日本の自動販売機と2ショット写真を撮る外国人の方も少なくありません。

外国人にとっての日本の不思議アイテム、まだまだ続きます!

日本で初めて見たという人も!タバコとお酒の自販機

外国人が思わずSNSにアップしたくなる!不思議の国日本の面白アイテム5選【日本の不思議】

スーパーや街中で見かけるタバコの自販機。2008年以降自販機で購入時にはタスポの使用が必要になったとはいえ、規制の厳しい国から来る外国人にとっては、老若男女問わず視界に入る街中にタバコの自販機が置いてある光景というのはとても不思議だそうです。

また酒類が買える自販機も、成人認証に厳しい外国からやってくる人にとっては信じられない光景だそう。自動販売機でお酒が買えるという事実にワクワクしてしまい、つい記念に買ってしまった! 外国人の方も多いそうです。

思わず足元を探してしまう!?マンホールの蓋

外国人が思わずSNSにアップしたくなる!不思議の国日本の面白アイテム5選【日本の不思議】

「マンホールの蓋」と言われるとなんの変哲も無いただの蓋をイメージする方もいるかもしれませんが、実は日本のマンホールの蓋は海外でも高い人気を誇っているのです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。