体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突如、凄まじいイビキをかくようになった息子。睡眠外来で指摘されたアデノイド肥大とは by 内野こめこ

長男が四歳になる前の冬…

f:id:akasuguedi:20171010094922p:plain

突然凄まじい鼾をかくようになりました。 前回エピソード:梅干し大に出ている次男のおへそを凹ませたい…けど難易度高っ!スポンジvs母の戦い by 内野こめこ

f:id:akasuguedi:20171010094940p:plain

様子を見ていたところ、仰向けだと鼾が激しく、

うつ伏せや横向きの状態だとかいていないようだと判明。

鼾をかいているときは体の向きを変えてやって息がしやすくなるようにしていましたが、一、二週間たってもそのままなので、睡眠外来のある耳鼻咽喉科に向かいました。

f:id:akasuguedi:20171010095003p:plain

レントゲンを取って診てもらったところ、

アデノイドと扁桃腺に腫れがあるとのこと。

アデノイド?

扁桃腺はよく聞くけどアデノイドって何だろう…。

f:id:akasuguedi:20171010095024p:plain

アデノイドとは鼻と咽の間にあるリンパ組織。

実はこのアデノイド、よく2~5、6歳ぐらいの幼児期に大きくなるものだそう。

5、6歳で最大になり、通常その後は小さくなっていくそうです。

f:id:akasuguedi:20171010095040p:plain

長男の場合は扁桃腺も腫れていましたし、アデノイド肥大それのみが原因というより、少し前に引いた風邪のためにアデノイドも一時的に日頃より腫れているのではないだろうかということでした。

このアデノイド、あんまり肥大がひどかったり、またこういう一時的な腫れが慢性化し

様々な合併症を引き起こすようなら切除手術も必要になるとのこと。

f:id:akasuguedi:20171010095118p:plain

とにかく薬を飲んで様子見するほかありませんでしたが、

寝ている間に呼吸が止まっていては困るので、

やはり鼾をかいているときは体の向きを変えてやっていました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。