体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メッセンジャーアプリで「いま返事できません」の自動応答ができるアプリ「Can’t Talk」

メッセンジャーアプリ「WhatsApp」をAndroid携帯で使っている人に耳寄り情報。仕事などで取り込んでいてWhatsAppのメッセージやコールに出られないとき、「いま返事ができません」「コールがとれないのでメッセージを送って」などと自動で返信するアプリがリリースされた。

・応答文言はオリジナルを

アプリはその名も「Can’t Talk」。WhatsAppに届いたメッセージやコールに対応できないとき、その旨をメッセージで自動応答するという極めてシンプルなアプリだ。

使うには自動応答の文言を作成し、オートリプライ機能を紐づけるだけ。誰かが送ったメッセージやコールに対し自動で応答メッセージを送る。また応答メッセージを送った旨はノーティフィケーションでユーザーにお知らせする。

ちなみに、この機能はグループチャットでも使うことができる。

・海外で主流のWhatsApp

メッセンジャーアプリといえば日本ではLINEが主流だが、海外ではWhatsAppを使っている人が多い。電話番号で登録すれば、無料でSMS(ショートメッセージサービス)を送ることができるので家族や友人、同僚など親しい人との間で気軽に使われている。

そのショートメッセージは、親しい間柄で使われるからこそ、送るとすぐに返事がくるものと考えがち。逆に、しばらくしても返事が来ないと気になってしまうし、受信する側もすぐに返事ができないと焦ってしまう。

Can’t Talkはそうした心理を汲んだアプリといえる。最初の2週間は無料で使うことができるのでAndroid携帯のWhatsAppユーザーはチェックしてみてはいかが。

Can’t Talk/Google Play

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。