体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもができる前にアクティブなデートをしたほうがいい理由

長時間移動が大変

じゃらんニュースをご覧の皆さん、こんにちは。

今一番行きたい所は知床半島。吉本ユータヌキです!

突然ですが、皆さんはどんな休日を過ごしていますか?

僕の休日はというと…子どもが生まれてから自分だけのものではなく“家族との休日”となり、ほぼほぼ子ども服や食品の買い物で過ごしています。知床に行きたいのにコストコばっかり行ってます(ズコー)。

そこで今回は、まだ子どものいない皆さんに『子どもができる前にアクティブなデートしときや!』とお伝えしたいのです。

まずは子どもができるとおでかけが大変やなぁ~と思ったエピソードを挙げます。

1.長時間移動が大変

長時間移動が大変

電車や飛行機など公共機関を使っての移動って大変。子どもの荷物ってすごく多くて、オムツセット・着替え・ミルク・おもちゃ…と、自分の荷物とは別に子ども用に大きなカバンを持ち歩くことになります。

オムツは何枚もいるし、赤ちゃんは大人より汗をかきやすかったり、何かと汚れたりすることが多いので着替えもよだれかけの替えも必要。ミルクも外で作るとなると水筒にお湯を入れて持ちあるかなきゃだし、そこに加えて自分用のとんがりコーンも持ち歩くじゃないですか。そうなると美容系専門学生かなってぐらい大荷物です。

2.外食はほぼ座敷

外食はほぼ座敷

まだ座れない赤ちゃんがいると、カウンター席はほぼ難しいです。抱えたまま座るわけにはいかないので、寝かせられる座敷やソファが中心になってきます。

そして、子どもにもご飯を食べさせないといけないので、我が家では妻が子どもに食べさせてあげてる間に、僕がフードファイターのごとく早食いをして、食べ終わり次第で交代します。

ちなみに、お店の回転率や栄養面などを考えるとラーメン屋は選択肢からは外れがちで、その結果、子どもが寝静まった深夜にインスタント麺食べてしまいます。結婚してから太ると”幸せ太り”なんて言われますが、その8割がこれです。夜中のラーメンが原因です。

3.夕方には帰宅、ムード作りが大変

夕方には子どものお風呂、ご飯、寝かしつけがあるので夜の海、港、夜景の見える山デートなんてほぼ無理です。営みの街が暮れる前に帰宅です。ただ腹をすかせなくても帰宅です。星野源も驚くほどに即帰宅。そして家にガッキーはいない。地獄でなぜ悪い。

4.スタイリッシュな暮らしなんて無理

オシャレに暮らそうなんて無理です。オシャレな写真を撮る余裕もあんまりないですし、頑張って撮っても子どもの写真、だいたいブレてます。なんかいい感じに景色の写真とか撮ってる間には子どもはどっかへ走っていくので、シャッターチャンス=子どもフリーダムパラダイスモード突入です。

そりゃあね、スタイリッシュな暮らしに憧れますよ、僕だって。けど、実際どうなるかと言うと

オシャレな写真

俯瞰で撮ろうとして、こうなりますよね。

スタイリッシュな暮らし

こうなりますよね。

ライト
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。