体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新常識】なすとパプリカは「黒焦げ」にするのが正解だった!【噂の筋肉料理人】

グルメ

f:id:kinniku39:20171013105651j:plain

なすはとことん焼くと甘~くておいしい!

こんにちは~、筋肉料理人です!

秋においしい食材といえばきのこや秋刀魚(サンマ)が思い浮かびますが、「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがあるくらい、「なす」も秋においしい食材です。そんなおいしい秋なすを、激ウマの「焼きなす」にしてみましょう。

おいしい焼きなすを作るコツですが、強めに火で黒焦げになるまで焼く! これに限ります。黒焦げになるまで焼いたなすの皮をむくと、香ばしい焼き芋のように焼けた実が出てきます。ここまで焼いたなすが最高においしいです。

そして、なすと同じようにじつは「パプリカ」も皮が黒焦げになるまで焼くとおいしい野菜です。パプリカの固い皮は、黒焦げになるまで焼くとはぐことができます。皮をはぎ取ったパプリカは甘くとろけるようなおいしさですよ!

筋肉料理人の「焼きなすと焼きパプリカ、ガーリックマヨネーズ添え」

【材料】(2人分)

長なす 1本 赤パプリカ 1個 にんにく(皮付き) 2かけ マヨネーズ 大さじ2 アンチョビ 2~3枚(お好みで) 黒こしょう 適宜 パセリ 適宜

作り方

f:id:kinniku39:20171013105757j:plain

1. なすの下ごしらえをします。ヘタの下にぐるりと包丁で浅く切れ目を入れます。縦方向にも2cm間隔で浅く切れ目を入れ、皮をむきやすくします。包丁の切先を指先でつまみ、指先から切先を3~4ミリ出して切ると切りやすいです。

f:id:kinniku39:20171013105847j:plain

その後、竹串で全体をプスプスと刺して穴をあけておきます。

2. にんにくは皮付きのまま水で濡らし、アルミホイルで包みます。

f:id:kinniku39:20171013110000j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会