ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

羽生結弦×ピアニスト松田華音の特別対談! 今季3度目のSP曲「バラード第1番」演奏も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
羽生結弦×ピアニスト松田華音の特別対談! 今季3度目のSP曲「バラード第1番」演奏も

 フィギュアスケート・羽生結弦選手と、同じく世界を舞台に活躍するピアニスト・松田華音の特別対談が公開された。

羽生結弦×松田華音 関連画像(全8枚)

 スポーツ応援サイト「GROWING」にて公開されたこの対談は、独立行政法人日本スポーツ振興センターのスポーツくじ(toto・BIG)理念広報の新WEBコンテンツ「一つひとつの音に想いをのせて、全身で楽曲を奏でる」の企画として実施。芸術とスポーツ、異なるフィールドで活躍する二人の若き才能が「表現」について語り合っている。

 また、松田によるショパン「バラード第1番」の演奏も実現。この曲は、羽生選手にとっては今季3度目の採用となったショートプログラム楽曲であり、松田にとっては地元香川県のリサイタルでも演奏し、デビューCDにも収録された思い出の曲でもある。圧倒的な演奏の終了後、羽生選手からは「すいません、汗かいちゃったので。今、頭の中でずっと(ショートプログラムの演目を)やってたんですよ。緊張したー!」と、一旦カメラを止めるよう願い出るような一幕もあった。

◎羽生結弦選手-コメント
自分のスケートの芸術性の原点は、ロシアのきめ細かい文化だと思っています。そうした、自分が忘れかけていた原点を今回の対談を通じて思い出すことができ、とても有意義でした。松田さんのお話を伺って、6歳でモスクワに親子で出向かれ、現在の活躍に至る、この勇気にも感銘を受けました。

◎松田華音-コメント
表現力、技術的なこと、そして体調管理、全てを整えて氷の上で全身全霊で成し遂げていく集中力の高さは、改めて想像を超えるものであり、心を打たれました。まっすぐにご自身と向き合い戦っていらっしゃる真摯な姿、そして、それが出来る強さを持っていらっしゃる羽生選手から、大きな大きなパワーをいただきました。

◎動画
【1】羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画(ピアノ演奏篇) 1/5
URL:https://youtu.be/cveQGHxcLrI
【2】羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画 2/5
URL:https://youtu.be/SacirCNRnBg
【3】羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画 3/5
URL:https://youtu.be/Z_3_uAMwSu8
【4】羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画 4/5
URL:https://youtu.be/5dW408I9CBM
【5】羽生結弦×松田華音 スペシャル対談動画 5/5
URL:https://youtu.be/K6HxQ6NBOww

◎リリース情報
松田華音『ムソルグスキー:展覧会の絵、他』
2017/06/14 RELEASE
<CD>UCCG-1768

関連記事リンク(外部サイト)

プレトニョフが認めたピアニスト、松田華音がリリース記念リサイタルを開催
KANA-BOON「はたちの献血」羽生結弦をアニメ化した新CMに楽曲「君を浮かべて」書き下ろし
高橋大輔が独占密着! コブクロ×EXILE・NAOTO「心」MV裏側&インタビュー『NEWS ZERO』で放送

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。