ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

鎌倉で23年 愛され続けているカフェの意外な遍歴

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

鎌倉で23年 愛され続けているカフェの意外な遍歴
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。10月12日(木)のオンエアでは、鎌倉の人気カフェ「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」のマスター、堀内隆志さんをゲストにお迎えしました。

堀内さんが「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」をオープンされたのは、1994年。「あっという間だった」と堀内さんはおっしゃいます。

「(オープン当時は)20代半ばだったんですけど、つい先日、50歳になってしまいまして」(堀内さん、以下同)

堀内さんがお店の場所に鎌倉を選んだ理由は、“好きなものに没頭できる環境”に惹かれたからとのこと。店名はフランス映画のタイトルからとりました。

「お店を開けた時は、フランス文化にどっぷりハマっていて、フランスのトリュフォー監督の『日曜日が待ち遠しい!』の原題からいただいたんですね」

オープン当初は周囲から「読めない!」というクレームがたくさんあったそうで、「自分でも噛んじゃう」と話していました(笑)。さらに当時、喫茶店がどんどん無くなっていた時期だったため、「カフェを開くのは無謀だ」と周囲に言われたそうなのですが、堀内さんは「逆に無くなっていく時代だからこそ、“どうして無くなっていったのか”っていうことを自分なりに分析をして、それをちゃんと整理してお店を開けば、必ず支持してくださる方はいると思って開けたんですよね」と語ります。

お店にプライベートで行くというクリスは、「老舗なんでしょうけど気持ちがいい、明るい空間でいつも新しいものに出会える。コーヒーもそうですけど、堀内さんの好きなブラジル音楽であったりとか、コーヒーに関するグッズとか置いてあったり」とその魅力を伝えました。

実は現在のスタイルは、当初から考えていたものではなく、23年を経て徐々に変わっていったそう。「最初はフランスが好きで始めて、どんどんフリーペーパーを作ったり、いろんなアーティストの展覧会をしたりしてたんですね」と堀内さん。2000年代になるとブラジル音楽にハマり、お店の雰囲気も“フランス期”から“ブラジル期”に。そして2010年くらいに自家焙煎を始めてから、現在は“コーヒー期”になっているとお店の遍歴を明かしてくれました。

そのため今では周囲に「フランスの“フ”の字もない」と言われているそうです(笑)。長くやっているといろいろ変化があるのですね! お店の常連さんは、そんな堀内さんの変化もおもしろがって見ていてくれるそうです。

気分転換にぴったりなお店、「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」ですが、そんなみんなのリフレッシュの場を作っている堀内さんご自身は、どうやって気分転換をしているのでしょう?

「言っちゃっていいんですか? …プロレスです(笑)」と明かすと、クリスは大笑い(笑)。もちろん観戦する方なのですが、ゆったり落ち着けるカフェのオーナーの趣味としては意外かもしれませんね!

お店は鎌倉駅から5分ほどの小町通り商店街にあるので、鎌倉に立ち寄った際はぜひ足を運んで、リフレッシュしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。