ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界各地の名酒と愉しむ、「シャポン」のチョコレートムース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

奥深いスイーツ、“チョコレート”。本場のショコラティエが手掛ける本格的な“チョコレート”を食べたいあなたに、新感覚の大人デザートをご紹介しよう。

元バッキンガム宮殿のお姫様専属アイスクリーム職人として活躍後、ショコラティエとして独立し、ショコラの本場フランス・パリで唯一のビーントゥーバーショコラティエとして人気の「シャポン」。30年以上にわたり競争の厳しいパリで5店舗をかまえ、舌の肥えたパリジェンヌ達から熱狂的な支持を得るフランスの名店だ。「サロン・デュ・ショコラ パリ」にも出展しており、これまでに3度最高賞を受賞している実力派でもある。

そんな「シャポン」は、今年1月、自由が丘に日本初の「ビーントゥーバー&カフェ」をオープン。本格的なビーントゥーバータブレット(板チョコ)が常時20種類近く並び、気軽に世界各国のカカオの味わいが堪能できることで人気が集まっている。

そんな「シャポン自由が丘店 ビーントゥーバー&カフェ」に登場した「ムース・オ・ショコラ」はチョコレートを新しい形と食感で楽しんでもらいたい、という想いで「シャポン」が開発した、カカオ豆を焙煎して作る、ふわふわのチョコレートデザート。食感は冷たくふわふわ。しっとり濃厚なカカオの味わいがじっくりと堪能できる。

秋冬限定で新登場する「ムース・オ・ショコラ エ ラルコール」は、カカオの味わいをより引き立たせるため、6種類のお酒をかけて食べる新感覚のデザート。ジャックダニエル、マイヤーズラム、山田錦、カルーア、オレンジキュラソー、キルシュの中から好きな3種類を選び、「ムース・オ・ショコラ」にかけて楽しむ。「ムース・オ・ショコラ」はカカオの産地など5種類から選べる。

お酒とムース・オ・ショコラの多種多様な味の組み合わせが堪能できる「ムース・オ・ショコラ エ ラルコール」の価格は780円(税込)。大人向けの新感覚デザートを愉しんでみたいあなたは、是非チェックしてみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。