体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<世界最古の企業ランキング>TOP3のすべてを日本の企業が独占って本当?【日本の不思議】

生活・趣味

日本と海外の文化ギャップは、TABIZINEでも長く人気を誇るテーマ。そのギャップを楽しめるのは、日本という国の独特の文化や風土あってこそです。そこで今回は、日本発祥の世界で愛されるもの、実は日本が世界一という意外なトピック、日本独特の興味深い文化などなど、知られざる日本の面白い部分を「日本の不思議」と題し特集したいと思います!

 TOP3を独占!世界最古の企業ランキング1位は聖徳太子の時代から続く会社
創業100年などと聞くと、歴史のある老舗企業だと感じますよね? しかし日本には創業100年どころか、創業1000年を超える企業が複数存在し、さらに世界最古の企業トップ3を日本勢が占めているとご存じですか?

そこで今回は老舗企業が世界的に見ても多いという、ちょっと不思議な日本の特徴を紹介します。

 

日本には西暦578年創業の企業がある

 TOP3を独占!世界最古の企業ランキング1位は聖徳太子の時代から続く会社
先日、記事執筆のために百貨店に関する調べ物をしているとき、三越の前身となる越後屋が、1673年に創業したと知りました。300年以上経過している企業の歴史の長さに、軽いめまいを感じてしまいましたが、日本にはもっと古い企業が少なくないと言います。

2009年発表と少し古い情報ですが東京商工リサーチによると、日本には創業100年を超す長寿企業が2万社以上あり(2009年時点)、社寺建築の金剛組(大阪府大阪市)になると、創業は578年までさかのぼれるのだとか。

金剛組の公式ホームページを見ると、

<聖徳太子の命を受けて、海のかなた百済の国から三人の工匠が日本に招かれました。このうちのひとりが、金剛組初代の金剛重光>(金剛組の公式ホームページより引用)

という歴史が語られています。聖徳太子が大阪にある四天王寺の建立のために、朝鮮半島から大工を呼び寄せたのですね。

 TOP3を独占!世界最古の企業ランキング1位は聖徳太子の時代から続く会社
百済や聖徳太子という名称は、もはや歴史の教科書の世界。四天王寺が創建から百数十年の歳月を経て完成を迎える奈良時代初期までに、金剛組は初代から2代、3代へと受け継がれていき、その後もはるか江戸時代に至るまで、四天王寺専属の宮大工として存続してきたと言います。

明治、大正、昭和の戦前・戦後と時代の流れの中で紆余曲折がありましたが、現在も大手建設会社の持ち株会社のグループ企業として、名前は存続しているそう。

東京商工リサーチによれば、金剛組以外にも、

・池坊華道会(京都府京都市)587年創業

・西山温泉慶雲館(山梨県南巨摩郡)705年創業

・古まん(兵庫県豊岡市)717年創業 

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会