ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東京中低域、6年ぶりのアルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京中低域、6年ぶりのアルバムをリリース

東京中低域が、12月20日に6年ぶりとなる7枚目のオリジナル・アルバムをリリースする。

東京中低域は2000年に結成され、メンバー12人のすべてがバリトンサックス奏者だけで構成される世界的にも例を見ない稀有なグループ。

バリトンサックスの魅力を広く知らしめたいと2014年からは都内を中心に「東京国際バリトンサックスフェスティバル」を開催している。12曲が収められる新アルバム「GREAT BARITONNIA(グレート・バリトニア)」は、GREAT BRITANNIA(大ブリテン島=英国)とかけた造語。架空の島、大バリトン島に住むバリトン人の12編の日常を描くというコンセプトで制作された。彼らは2006年にロンドン・ジャズ・フェスティバルに初招聘されて以来、これまで同フェスに3回出演。名物番組BBCライブには2度出演を果たし、ロンドンの名門ジャズクラブ、ロニー・スコッツでは4デイズ公演等も行うほど中低域にとってイギリスは縁の深い国でもある。矢吹申彦が描きおろしたアルバム・カバーには12機(メンバー数&収録曲数)の飛行船がロンドン塔に飛来する様も描かれた。

又、東京中低域のリーダーの水谷紹は、今年デビュー25周年を迎え、11月23日に東京・月見ル君想フで昼夜2回の記念コンサートを開催することも決定。昼公演には東京中低域の選抜メンバーに加え、ゲストに友部正人が、夜公演では鈴木慶一が参加する。当日、会場では東京中低域の新アルバム「GREAT BARITONNIA」の先行販売も予定されている。昼夜2回の公演は各々内容が異なっているので、通しチケットも発売されているので、詳細はオフィシャル・ウェブサイトを参照してほしい。尚、東京中低域の過去作はOTOTOYから配信中。(岡)

・水谷紹25周年&東京中低域・特設サイト
https://eqcd-net.squarespace.com/
・東京中低域の作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/4839

リリース情報
東京中低域
『GREAT BARITONNIA』(グレート・バリトニア)
2017年12月20日(水)発売
発売元:SUPER HYPE MUSIC and HINTS MUSIC PUBLISHING
販売元:ウルトラヴァイブ
全12曲収録

ライヴ情報
〈水谷紹デビュー25周年 2つのコンサート/公演概要〉
2017年11月23日(木・祝)
■第1のコンサート 14:00開場/14:30開演
■第2のコンサート 18:00開場/18:30開演
会場:東京青山・月見ル君想フ
各公演・チケット価格(税込/自由席/ドリンク代600円別途):前売4,000円/当日4,500円
第1&第2コンサート通し券(税込/自由席/ドリンク代600円別途):6,000円
出演;
第1のコンサート(14:30開演):水谷紹(Baritone Sax, Vocal)、東京中低域(鬼頭哲、鈴木広志、筒井洋一、上運天淳市、宇田川寅蔵、山本昌人、町田長右衛門、松本卓也)/ゲスト:友部正人(Vocal, Guitar)
第2のコンサート(18:30開演):水谷紹(Guitar Vocal)、イトケン(Drums, Chorus)、岩崎なおみ(Bass, Chorus)、鬼頭哲(Sax)、鈴木広志(Sax)、山本昌人(Sax)/ゲスト:鈴木慶一(Vocal, Guitar)

東京中低域、6年ぶりのアルバムをリリース 東京中低域、6年ぶりのアルバムをリリース
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。