ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ガル・ガドット、第2次大戦後を舞台とするリベンジ・スリラー映画『Ruin(原題)』に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


映画『ワンダーウーマン』の主演女優ガル・ガドットが、映画『アサシン クリード』のジャスティン・カーゼルが監督するリベンジ・スリラー映画『Ruin(原題)』に出演交渉中だ。

このプロジェクトは、マーク・バタン率いるマッド・リバー・ピクチャーズが企画した。ライアン・ファーポとマット・ファーポが共同で脚本を執筆した同作は、第2次世界大戦後のドイツの元ナチスの大佐を中心とするストーリーだ。大佐は、元第2SS装甲師団 ダス・ライヒの生き残りを突き止め、自身の犯した犯罪を償おうとする。

ガドットは、2016年公開の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマンとして初登場した。今年、映画『ワンダーウーマン』は米ワーナー・ブラザースの大ヒット作となり、全世界で8億2100万ドルの興行総収入を記録した。ガドットは、11月17日に米劇場公開を控える同スタジオによる映画『ジャスティス・リーグ』でワンダーウーマン役で続投する。

ガドットは、2018年の米ワーナーによる映画『Wonder Woman 2(原題)』でも主演を演じる予定で、パティ・ジェンキンスも監督を続投する。米ワーナーは、同作の米劇場公開日をすでに2019年12月13日に決定している。またガドットは、MGMによる超常現象を扱ったスリラー映画『Deeper(原題)』でブラッドリー・クーパーと共演する。

オーストラリア出身のカーゼル監督は、2015年に開催されたカンヌ国際映画祭で、ウィリアム・シェイクスピアの『マクベス』を映画化しデビューを果たした。2016年に公開されたファンタジー・アクション映画『アサシン クリード』は、同名のビデオゲームをもとにしたもので、全世界で2億4000万ドルの興行総収入を記録した。

ガドットは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)を代理人としている。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。