ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

秋のGジャン。モードもコンサバも1枚で叶う

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中途半端な、秋の気候。

そんなときに、あると便利なアイテムのひとつがGジャン。

カジュアル一辺倒かと思いきや、そうでもない。

同じ「Gジャン」でも、選ぶデザインによって、印象がまったく異なります。

色は濃すぎず、薄すぎず。フォルムはタイトすぎず、ビッグすぎず。そんなザ・定番のGジャンなら、コンサバティヴに着られます。

Madewellさん(@madewell)がシェアした投稿 – 2017 9月 16 3:10午後 PDT

裾が切りっぱなしのコンパクトなフォルムは、スタイルよく着こなすのに有効。モードな雰囲気に仕上がります。

Leila Emine Lundstenさん(@leilaemine)がシェアした投稿 – 2017 9月 20 10:15午後 PDT

80’sの香り漂うオーバーサイズのフォルム。なかにニットを着て前締めのスタイリングは、どこか懐かしく親しみやすい印象に。

Fashion Inspirationさん(@fashionworshiper)がシェアした投稿 – 2017 9月 20 10:22午後 PDT

すっきりシルエットのGジャンなら、インナーにもなり得る。コートの下にレイヤードするスタイルもOKだから、コーディネートは無限に広がる。

STYLE DU MONDEさん(@styledumonde)がシェアした投稿 – 2017 2月 17 11:57午前 PST

ダボっとしたシルエットは、ガーリーな着こなしに意外とマッチする。個性的に仕上げるなら、デニムオンデニムにトライしてみたい。

Fashion in Pillsさん(@fashioninpills)がシェアした投稿 – 2017 9月 26 12:40午前 PDT

ヴィンテージ感をかもし出す、ボア付きGジャン。ルックスだけでなく、その暖かさにも病みつきになります。冬までずっと愛用できそう。

Style Sight WorldWideさん(@stylesightworldwide)がシェアした投稿 – 2017 10月 9 1:10午後 PDT

とことん個性を出すのなら、大きくデザインがあしらわれたものを選びたい。他人とカブらないし、自分の”好き”に忠実だから、ずっとお気に入り。

STREET STYLEさん(@streetstyled)がシェアした投稿 – 2017 7月 27 11:54午後 PDT

コーディネートしやすく、レイヤードの可能性は無限。そして、垢抜け感もある。

便利すぎて、クローゼットにひとつは欲しいGジャン。

だからこそ妥協せず、自分にいちばんしっくりくるものを選びたくなります。

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

えっ、どういうこと? 東京で「見えない」ジーンズ誕生
インスタから再ブーム。トミーヒルフィガーのロゴに「ほしい!」が止まらない
シャネルの防雨グッズ。ビニール素材のブーツやハットに近未来を感じた
週末だらだら。部屋着でお出かけできる
イヤリングはとことんビッグで個性的に。シンプルコーデにインパクトをつける
ブラックコーデ × カラフルなバッグ。簡単なのに様になる
雨の日はレインコートでモード感を楽しむ。各ブランドから続々登場中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。