体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー

妊娠初期に摂取したい栄養素とは?ママと赤ちゃんの為の食事メニュー
妊娠初期はつわりの症状が強い人も多いと思いますが、そうなると大変なのが食事メニューではないでしょうか?

お腹の赤ちゃんのことも考え、必要な栄養素も意識しながら食材を選び料理をしなければなりません。

プレママのために、妊娠初期に摂取したい栄養素からおすすめの食事メニューなどを、栄養士の横川先生に教えていただきました。

妊娠初期に食事を気をつける理由、母体の状態

妊娠初期の女性

妊娠をすると女性の体はどんどん出産に向けて準備しだします。その影響で8割近くの妊婦さんがはじめに経験する症状として、吐き気や嘔吐などが出てくる「つわり」があり、食事が食べられないと「お腹の赤ちゃんに影響が…」と気になるママも多いのではないでしょうか。 

確かに赤ちゃんやママのカラダの為にしっかり食べることが理想ですが、この時期はお腹の赤ちゃんも小さいため無理に食べなくても良いとされています。

そのため無理せずにお食事を小分けして回数を多くする、果物など手軽につまめるものを準備しておくと良いでしょう。それによって、食べない事でつわりが出てくる「食べづわり」の予防にもなります。

妊娠初期に摂取したい栄養素・食材 

葉酸

ほうれん草

DNAを作るビタミンと言われ、細胞をつくる際に必要なDNAなどの核酸を作る重要な役割があります。

その為、不足すると細胞分裂や新陳代謝がスムーズに行えずおなかの赤ちゃんの発育に大きく影響することから、特に妊娠初期で必要な栄養素として有名です。

葉酸は、ほうれん草、ブロッコリー、菜の花、春菊など緑黄色野菜に多く含まれています。

食物繊維

きのこ類や海藻類

妊娠中のホルモンバランスの影響で腸の動きが鈍りがちに。それと同時に、だんだんと子宮が大きくなってくるため腸が圧迫されて妊娠中は便秘になりやすくなります。妊娠初期から便秘予防が期待できる食物繊維をとる意識をもつと良いでしょう。

食物繊維は野菜、果物、海藻、きのこ類に主に含まれています。また腸内環境を整えることに役立つ味噌や納豆などの発酵食品をとることで相乗効果が期待できます。

ビタミンB6

鶏ささみ

アミノ酸の代謝をサポートする栄養素。つわりの原因となるトリプトファンというアミノ酸の代謝不良を整える働きが期待、つわり症状の緩和に役立つとされています。 

含まれている食材は鶏ささみ、マグロ、レバー、バナナ、ニンニクなどが挙げられます。 

水分

水分補給する女性
1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。