ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

転倒を自動検知!高齢者のためのヘルススマートウォッチ「VitalBand」が頼もしい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
年をとり、筋肉が衰えてくると、ちょっとしたことでつまずいたり、転ぶことが多くなる。最悪の場合、車いすや寝たきりの生活を余儀なくされるケースも。そんな事態を招かないために、日頃から対策を考えておくべきだろう。

Indiegogoに登場したのは、心拍数・呼吸数・消費カロリー・歩数をモニタリングするヘルススマートウォッチ「VitalBand」。これだけだとかなり普通だが、本品には他にない機能が備わっている。転倒を自動検出し緊急通知する他、メディカルリマインダ―としての役割も果たす。高齢者を中心に、あらゆる層が利用できる万能デバイスだ。

・アクティブシニアのためのヘルスウォッチ

「VitalBand」は、高齢でも独立性を維持したいシニア向けに開発された製品。外出先で転倒したとき、その状況を自動で検知し、予め登録しておいた連絡先にコール、またはテキスト送信する。

人目がない場所で転んでも、素早く救助できるシステムだ。年齢にとらわれずに行動したいアクティブシニアには、ぴったりのデバイスと言えるだろう。

・ティーンエイジャーからアスリートまで幅広い層に対応

メディカルリマインダ―として利用できる点もうれしい。事前にプログラムすることで、投薬時間を通知したり、心拍呼吸数のトラッキングも行う。日々の健康管理にも、大いに活用しそうだ。

メインターゲットは高齢者だが、さまざまな年齢のユーザーが使えるのも本品の特長。例えばティーンエイジャーには、パニックボタン機能がおススメ。フェィスにあるボタンを押せば、危険にさらされたとき、すぐに助けを呼ぶことができる。実装しているヘルス関連機能はすべてスポーツ指向なので、アスリートの健康管理にも役立つに違いない。

Indiegogoではすでに、目標額に到達。サイトでは3割引きで購入できるキャンペーンを実施中だ。プレオーダーは、149ドル(約1万6700円)から。受け付けは、10月25日まで。

VitalBand/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。