体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイロンがけよ、さようなら!最大12枚の衣服のシワを取るロボット「effie」がお目見え

アイロンがけは男女問わず、誰もが面倒だと思う家事の1つ。最近は形状記憶シャツなど、アイロンのいらない製品も多く出回っているが、すべての衣服をそれでそろえるわけにはいかない。いずれにしろ、1週間のうちどこかで、アイロンをかけなければならないのである。

そんな面倒事を、一手に引き受けてくれる万能アイテムが登場。最大12枚の衣服のアイロンがけをしてくれるロボット「effie」だ。

・バーにかけるだけで乾燥とプレスを実行

「effie」は衣類の乾燥とプレス、両方の役割を果たす新感覚の家電製品。本体は一般的な本棚と同じぐらいの高さ。内部に衣服ハンガー用の折りたたみ式レールを備えている。専用ハンガーは、全部で12種類。多彩なサイズをサポートするよう、特殊な設計が施されている。服の素材も不問。コットンはもちろん、シルク、ビスコースレーヨン、デニムなど、あらゆる繊維に対応している。

使い方は、簡単だ。まず、本体上部からバーを引出し、洗濯した服をハンガーにつるす。側面のプレスボタンを押して、モードを選択。すると、バーごと内部に取り込まれ、プレスが開始される。作業が終わると、中からきれいにアイロンがけされた服が自動で出てくる。クリーニング店並みの仕上がりを、自宅で簡単に実現できるというわけだ。

・進行状況の確認は専用アプリで

コントロールボタンは1つしかないため、外からだとどのように操作しているかはわからないが、モバイルアプリと連携して、進行状況を確認することは可能だ。アプリのプラットフォームから、香りづけのための香水など、オプションアイテムをオーダーすることもできるという。

価格、販売時期は未定。問い合わせは、ホームページの専用フォームで受け付けている。

effie

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。