体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

昔から当たり前のようにそこに存在し、深く考えもせずに使っていたもの、「ひらがな」。流れるようにうつくしい曲線で描かれるその形は、改めて見れば世界に誇れるほど美しいもの。なのに私たちは、当たり前すぎるそういったものほど見落としてしまいがちだ。その価値を、今、アクセサリーという形で見直す時が来たのかもしれない。

モチーフになっている
「ひらがな」とは

この、「Hiragana」というアクセサリーブランドでモチーフになっている言葉は、大きく分けて三つ。一つ目は、「心に留めておきたい言葉」。

 

「うつくしい」 忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

うつくしい言葉をまとい、うつくしい日々を。

 

「きずな」忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

遠くにいる家族や友人、身近にいる人、出会った人との絆を大切にしよう。そんな思いを込めて。

 

「ありがとう」忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

感謝の気持ちを忘れないように。

二つ目は、「季節を感じる言葉」。

 

「やよい」「さくら」忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

旧暦の月の名前や花の名前から、日本の四季折々の美しい情景を思い起こせるように。

 

三つ目は、「一生付き合っていく自分の名前や、大切な人の名前」。

 

こちらはオーダーメイドで受け付けており、本人だけでなく子供、パートナー、夫婦の名前の組み合わせ、形見として大切な方の名前をモチーフにしてほしいという依頼もあるのだそう。

「オーダーメイドでは好きな言葉を選べますが、その人にとっていちばん大切な言葉を、というとお名前になるケースが多いです。宝塚でご活躍されている娘さんの芸名をネックレスや指輪としてつけ、応援されている方もいらっしゃいます」

忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。